FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
18

Category: バックパッカー 2015.(フィンランド、アイルランド、ドイツ、台湾)

Tags: 紀行文  バックパッカー  女一人旅  海外  ヨーロッパ  ドラマー  ただのコラム  記念写真  仕事辞めます    

Comment: 0  Trackback: 0

16 days
ヨーロッパから日本に戻ってきました。

何度も帰りの航空券を破り捨てようかと思うくらい、お腹の底からドキドキしました。

ものすごくたくさん刺激をもらって、いっぱい話して、学んで、走りました。


その場所に纏わることを調べたり見たり聴いたり食べたりしていると、
びっくりするほど好奇心が止まらなくて、
そして実際に脚を動かすことができて、沢山のヒントを肌で得たし、
よくある常識に日々モヤモヤと押しつぶされそうになっているのが、解放されつつありました。


色んな生き方をしていいんだなって、本当に感じさせられました。

大人が型通り決めたような生き方(=コンクール用)の勝ち負けだけが必ずしも正解ではなくて、興味のある方向に向かって、よりシンプルに動いていくことが、とても大切な事なんだと教えられました。

お散歩をしたり、友達とたくさんしゃべって笑ったりする。
そして、バカで正直になる。

大変だけれど、ゆっくり時間を掛けて、その世界で生きてく為の事を学ぶってことはとても大事ですね。

それって、たくさん自分の足で立っているじゃん。みたいな。


旅(人生)の9割が失敗、1割が成功。
確かにそうだと思いますが、
毎日、本当にいい時間でした。

もがいたりするのは、どこにいてもきっとおんなじで、その先にキラキラしている人たちを見ると、鳥肌が立ちます。

楽しいものをまた沢山見つけましたし、気持ちの迷いも軽くなった気がします。

ようやく、いいものを持って帰ってこれました。


みんな、最初にその場所へ行った時は一人だったのに、そこで人に出会って輪が広がっていって。そして一人で帰る。
ってまるで、人生の縮図みたい。

いつか本当に、なりふり構わず航空券を破り捨てられる人間に、なれるのかしら。

世界は、まだまだ面白そうね。



th_DSC_0105.jpg
アーティスト/デザイナーの フジワラユカリさん!


th_DSC_0974e1.jpg
ベルリンで会うことができた、大学軽音の仲間でNo new folk studio社長の 菊川裕也!


th_写真 2015-06-18 16 25 21
ヘルシンキ空港 ~成田 までバッタリの、音大の後輩 まめちゃん!
飛行が死ぬほど揺れて、まさにお互い運命共同体だと思った。(成田空港に着いて、ボロボロ笑)


th_DSC_0004.jpg
ドラマーの SAWADAさん & アイリッシュハープの 蒼咲雫 さん!


th_写真 2015-06-19 14 39 19
すてきなミュージシャン。


th_写真 2015-06-14 5 39 47
わたしをリビングに寝かせておいてくれたルームメイトの皆様。


th_DSC_0140.jpg
ベルリン編 では毎日一緒にいることができて、お世話になった みおさん!
あなたに会いたくて出発したのよ。


th_P5270982.jpg
台湾編 に同行した、妹分のユウ。

th_DSC_0156.jpg
そしてすべての場所の旅のガイドとそこに纏わる歴史ををPDFでまとめてくれ、日本から毎日元気付け続けてくれた ゆらさん。

th_ファイル 2015-09-18 4 46 40

そのとき歩いている国と同じお料理を日本で作ったり、一緒にGoogle mapで歩いてくれたりもしました。

どうもありがとうございました。


p.s みんなの写真を載せたかったので、転載ごめんなさい!



th_DSC_0090.jpg
ベルリンフィル!

th_DSC_0075.jpg
カリーヴルスト!!

th_DSC_0087e.jpg
どうしても見に行きたかった、セバスチャン・サルガド写真展「Genesis」in COBerlin!!!

日本でも、ドキュメンタリー映画「セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター」が8/1から公開されています!是非っ。


たくさん歩いて、その中で主要だったのは16日間。

たった一ヶ月弱だったけれど、人生を大きく変える旅になりました。

===============================
しかし、2011年に飛行機を克服し、初めてバックパッカーの旅に出た時の日記に比べると、

ここに書いてある文章がクソつまらん!

わたしは、エモーショナルさも、ユーモアも、ドタバタも忘れて、のっぺりした人間になってしまったんだろうか?
(でも書いておきたいの。)

* Nikon D5300
スポンサーサイト



テーマ : 旅の写真    ジャンル : 写真

Comments

Leave a Comment