1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2018

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24

Category: バックパッカー 2015.(フィンランド、アイルランド、ドイツ、台湾)

Tags: 紀行文  女一人旅  バックパッカー  ただのコラム  国立音大  同級生  人に会いにいく  写真  

Comment: 0  Trackback: 0

Recovery
私事ですが、ノマドワーカー への扉が開きつつあります。

しばらくは家で仕事をしつつ、
来年春の作品リリースに向けてじっくりと資金を作り、バンドカルテットのために書き溜めた曲を一気に放出します。

DSC_0351e20151023235705.jpg
* 四国中央


【人に会いにいく】

関西、四国と回りまして、高校・音大の同級生と会って泊めてもらったり、

東京で同級生と演奏する機会を頂きました。


10年ぶりくらいの再会です。

けれど、ちっともそんな気がしなくて、
その人の持つキャラクターというのは、いつまでも変わらないものだなと思いました。

会えて本当に本当にありがとう。

S__4098460020151023235726.jpg
* 東京

サヨナラをして、そうしたら次にまたいつ会えるのかは分かりません。

そう思うと、とても寂しくて、心細く思いました。

しかし同時に、色んな感情が踊るように爆発して、頭がぐわんぐわんして
猛烈に燃えてくる気持ちがありました。

もがいても笑っても、この世界に居続ける限りは、いつかまた会えるのでしょうか!
そして、辞めようと思ってた仕事を、本当に辞めました。
(先頭に戻る)

やりたいことに向かってシンプルに。それを自由に思いっきりできることの素晴らしさ。

これまで色々と波乱もありましたが、
両親、友人、音楽仲間、
それから 私のような面倒な者にも優しく声を掛けてくれたりする人など、全ての方に感謝です。


「人ってそれぞれ」ということを理解できたとき、だから世界は面白いのだと思いました。

頑張って健康に生きようと思います。

お互いに(笑)

DSC_0359e20151023235752.jpg
光合成中。


* Nikon D5300
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。