1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2018

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08

Category: IARP JAPAN Tour

Tags: 北海道  札幌PROVO  札幌近郊  お出かけ  自然  絶景  ノグチイサム  夜はライブ  ツインドラム  

Comment: 0  Trackback: 0

ただ真っ直ぐに 荒野を探しに来たバカ Day.1。
ただ真っ直ぐに 荒野を探しに来たバカ Day.1。

th_DSC_0062e.jpg

札幌公演を終えて散歩してます。北海道広すぎー。
食べ歩いてばかりの毎日。みんなで素敵な食事を探しに行く時間が楽しくてクラクラしました。

10年分のトラウマも返す事が出来てホッとしています。本当に幸せなことです。ツアー中お越し頂いた皆様ありがとうございました。

今日から荒野を探し求めに行くんです。

th_DSC_0133e.jpg

「閉ざしていたのは私の方で、世界が開いているかどうかなんて自分次第だったんだ。」

といったことを、
連続した何日かを人と一緒にいながら、お話ししているとよく思います。

th_DSC_0138e.jpg

モノづくりする人のあいだで本当によく囁かれている言葉にひとつに、

「涙の数だけ、キリキリの作品を作れる。」

という主旨のものがあると思います。

安定を手に入れてしまったら、もう"作りたい気持ち" "作り出せる力"なんて出てこないんじゃないか?
ということです。

つい何ヶ月か前、前向き絶好調だった自分は、
「そんな事ないよ。人は時間と共にカタチを変えていて、安定している時はそれはそれで作れるようにアジャストされていくんだよ!」

なんて自分でも恥ずかしいくらいの演説をたれてしまったのですが、

やっぱりちがう。

涙の数だけ、キリキリの作品を作れる。

それはちょっとの隙間や、寂しさでもいい。

孤独に向き合い、とことん自分と向き合った分だけ、生まれてくるものって確実にあるのでしょう。

芸術の最果ては
誰もいない世界でそれをやり続けられるかどうかということな気がしてきています。

評価や賛美が欲しくなるのは人間社会に生きてると仕方ないことなのかもしれないけれど。

th_DSC_0106e.jpg

* Nikon D5300
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行記    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。