1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2018

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17

Category: 流れるイオタ

Tags: ただのコラム  レコーディング  タペンススタジオ  トトロの家だった  でも雨  

Comment: 0  Trackback: 0

I want to make each day count
流れるイオタのフルアルバムのレコーディングが始まりました。

「もしも世界が100人の村だったら」の作者の方のアトリエにもなっているスタジオは、落ち着いた時間が流れ、いただいたお茶もいつもの2割増しで美味しく感じたのは気のせいではないと思います。

タイトルは、 “The World is beautiful”

『それぞれの人生があって辛い事も沢山あるだろうけれど、
皆で同じ時代を生きていることに胸が熱くなりました。

私は周りのお友達や、大好きな音楽仲間たちや、家族を、
とても愛しているのだと気が付きました。

みんなのいるこの世界で、今日も生きなくてはならないと思いました。

美しい世界を見つければきっと
世界はいつだって、美しい。』

という意図で臨んでおります。


Kジルのシンバルは、アルフィーのドラマーさんにお借りできました。最高です。ヘッドはオールASPRちゃんに張り替えてみました!

fc2blog_2015111723172538b.jpg


まさに体力と精神力の削り合いです。

時間の制限がある中で、携わった方々が各々のベストを目指して
時に笑いあい、時にぶつかり合い
という濃密な密室経験(レッドゾーン)をしていた訳ですが、

そんな最中(さなか)で、パリでのテロは起こりました。

テロのあったレストランで、1時間前まで友人が食事をしていたと言っていました。

それは、わたしの心を、安堵とともに、ぐちゃぐちゃにさせました。(あまりにも身近な情報過ぎて・・・!)

「何がWorld is beautifulだよっ!!」と思いました。


怖くなりました。
恥ずかしくなりました。

でもここで心が折れたら、どうしようもありません。

出来ることと言えば、今自分の周りにいる人に対して、感謝を忘れずに、愛を持ち続ける事くらいです。

体力と精神力の削り合いの中では特に。

なにが起こるか本当にわからない世の中。

どうか1人でも多くの人が無事でありますように。

スタジオでの泊まり込みを終えて、昨日外に出ると、すごく天気のいい空でした。



マドンナのスピーチが必読です。

スピーチ要約

「 私は今日、引き裂かれるような思いでステージに立っています。
パリの人々が愛する人を失って泣いているときに、なぜここで私は踊り楽しんでいるのだろうか?

私は、何度もこのライブをキャンセルしようと思っていました。
しかし、彼ら(テロリスト)の狙いは、私たちを黙らせることなのです。

昨日人が殺された場所はサッカー場やライブハウスなど、人々が楽しんでいた場所でした。

私たちは彼らの思い通りにはさせません。

世界を変える唯一の力は、私たちが暴力に屈せず、隣人に愛を以って接することです。
パリだけではなく、世界中で起きている苦痛、無慈悲な暴力、テロよりも強い善良な力が存在すると信じています。

世界の誰にも私たちが愛することを止めさせる権利は無いのです。 」
スポンサーサイト

テーマ : 音楽的ひとりごと    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。