FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2018

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07

Category: 音楽

Tags: ライフスタイル  ただのコラム  精神論  音楽談義  音楽  アート  追い込む  

Comment: 0  Trackback: 0

作品を作る事で幸せになれるのか?
ものすごく落ちこんでてギリギリの感じのときって、

毎日泣いてても、

どっかに奥から湧き上がる創りたい形にしたいって気持ちがあって、

とりあえずカタチ(作品)に残して、

それを更に数年後に元気になってから見てみたとき、

「このときのアイディア最高ね!」

と思えたりする自分がいる。

暗闇みたいな中から、鋭くて生々しい、いい作品が出来たりして。

けれど、わざとその状況を作るってのも「??」だし、

必要な時には頼んでなくても(少なくとも表面意識では)起きてしまうものだったりするし…

すごく良いもの出来るけど、寿命が縮まる気もする(笑)

表現をする人は「普通の幸せ」を得られないものなのか

いや待てそんなに本当に欲しいのか自分は?

究極いくと、何かを創り出す人は幸せに生きられるのか?

それでも、本当に美しくて価値あるものを生み出せるならそれがいちばんの幸せという見方もあるし、

安定の代わりに何も生まない人生なんて牢獄だし、

でも時々憧れる、いわゆる平穏な幸せ…なんていう堂々巡り。

そういえば、何か起きてしまった時は、「芸の肥やし」「ただでは転ばない」と言い聞かせつつ、どこかでしめしめ良いネタが来たぞと思っているあざとい自分がいたり笑

何か作ってる人であっても感覚ぜんぜん違ったりするし。

といって芸の肥やしになるような波乱を、進んで起こすほど突き抜けたくもないし。

泣いてる自分を客観的に見て楽しめるような自分が同時にいる、そんな境地がベストかなぁ。

この辺のテーマは広がりが際限ない…

(ベルリンの後日の対談)

※その当時の自分は絶賛絶好調で、その中で曲をボンボン生み出していた。

対する相手は同年代のアーティストの子で、ずたぼろの中で帰国後に作品を作っていた。

* Nikon D5300
2_DSC_0643e20151207044904.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 生き方    ジャンル : ライフ

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。