FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2018

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13

Category: 生活

Tags: 音楽  映画  ピアノ  ヒーリング  reverse  

Comment: 0  Trackback: 0

まるでウユニ塩湖
141924043520160113032456.jpg 言の葉の庭の映像を見ていたら(Inst)
雨に似合うピアノ曲を作りたくなりました(・∀・)アコースティックギターのリバース感と合わせて。



昨年の1/11に書いた日記の言葉を借りると、
「自分で自分の腹をかっ捌いてしまうような、そんな錯覚を抱き、
家族にとっても、自分にとっても、この日だけは無事に乗り越えられますように。と、とっても怯えて迎えるのです。」

という誕生日を、どうやら今年も無事に過ごすことができました。


『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』

というドキュメンタリー映画を観たあと、

青山のハンドメイドの革の工房「RESO.」さんを訪れて海外用の財布を購入し、

夕方からは仲間達との新年会へ行き、楽しく過ごすことができました。





 昨年は、迷いと決断の一年でした。

大きかったことは「海外で初めて失敗しなかったこと!」です(笑)


 その旅の中で、

「ピンと来ないものは直感に従う。嫌いなものを切り捨てていけば、おのずと好きなものしか残らない。」

ということを、思いました。


誰もいないアイルランドの崖を歩いている最中の事でした。

「ここで落っこちたら誰も助けが来ないな」と思った時に、

わたしは、もっともっとすぐそこにある、周りのお友達や、家族や、大好きな音楽仲間との時間を大切にしていきたいと思ったのです。


 旅から戻ってすぐ、生活の為の仕事は一旦全部辞めることにして、本当に大切なものを突き詰めていくステップの準備に入りました。



 旅先の「非日常」の中であった事柄ってすごく衝撃的に感じるけど、

じゃあそれを東京という「日常」を生きてく中で、どうやって活かしていくのかと考えたら、

旅先と変わらないペースで足を動かして、なおかつ削ぎ落としていくしかないのでしょう。


削ぎ落としていかないと、なにが大切かをすぐに見失って、
世間で正しいと言われる常識に流されて溺れてもがいてを繰り返してしまいます。



 一方で「仕事をする」というのは、なんと厳しい事なんだろう。
と、見え方が、180度変わってきました。


インストゥルメンタル音楽を聴く層は圧倒的に少ないです。

ですから芸術性と商業性との狭間で、自分らしいペースを徐々に失って行き、

毎日ドクドクと胃が痛くて、ごはんも食べれなくなっていきました。


扉を開けても開けても、次の扉が待ち構えていて、なかなか出口が見えない。

まるでマトリョーシカみたいで、毎日毎日、悩んでいました。



しかし、

外のドアを叩いても、なーにも上手く行かない時期。

その時にこそ、内側のドアに目を向けて、
自分に出来る事を磨いてみる。

たかが知れてる事かも知れないし、少ないかも知れない。

でもその少ない事を日々続けて行けば、誰かの役に立てる日が来るかも知れない。


そう気付いたのも、マトリョーシカの中でのことでした。

DSC_0144e520160113032652.jpg

多摩川がまるでウユニ塩湖! 新年の計は焚き火から。

* Nikon D5300
スポンサーサイト

テーマ : 生き方    ジャンル : ライフ

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。