FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
03

Category: バックパッカー 2011.(スペイン、イギリス、フランス、韓国)

Tags: 女一人旅  ロンドン  海外  ドラマー  紀行文  スペイン  バックパッカー  ヨーロッパ  

Comment: 2  Trackback: 0

女一匹 思い立ったが旅.12 ~イギリス入国編~
 格安航空会社「ライアン・エアー」を使って、ロンドンのスタンステッドを目指す。
北スペインからロンドンまで、海を越えても1800円くらいで行けると言う、ちょっと恐ろしい航空券だ。
 地方空港のカフェでおいしくないサンドイッチを買って、携帯を充電しつつ時間を潰す。

次の行き先をイギリスにしたのは、とにかくスペイン語の分からなさに戸惑い過ぎていたから、と言う安易な理由からだった。

 イギリスに行って、最初はホームステイ付きの語学学校に入るのがいいかな、と思った。安い語学学校がたくさんあり、バックパッカーの途中で英語を勉強しに立ち寄る人も多いらしいと聞いたからだ。

万年、英語の成績が2だったワタシが、帰る頃には英会話しているような姿を思い浮かべると「それはいいなぁ♪」などと浮き足立った。
そうと決まったら、今すぐヤラネバ!やれすぐナラナイ!!

と、
 実際、スペインのネットカフェでロンドンまでの航空券を予約した時に、J氏のアドバイスに流されるままに語学学校(何しろホームステイ付きが魅力だった)を申し込んでしまおうとして、決定ボタンを押す、まさに寸前だった。

~しかしながらロンドンは特に入国審査が厳しいことで有名で、ロンドン~日本までの帰国チケットを持っていないワタシは、旅の途中だと言う事を流暢な英語でそれを説明出来ない限り(ほぼ絶望的な注文だ)入国ができない可能性があるので、「現地に着いてから予約をしたほうがいいですね」、との事になって、予約するのを止めたのだった。


 食べきれなかったサンドイッチと充電の終わった携帯を持って、搭乗口までの階段を上がる。
当然、日本人は一人も居ない。

パスポートチェックはと言えば、顔写真と顔をほぼ見合わせて居ないような感じである
そして飛行機に乗るまでは、自力で歩く!

 なんとか乗り込み、チケットを見ながら座るべき席を探していると、「Anyway!(どんなふうにでも)」と声をかけられた。「Anyway…?」どうやら自由席なようだ。
そして旅行帰りの奔放な家族連れは、シートベルトをする様子すらも無かった。

 降りる時に通路から周りの座席を見渡すと。新聞は読みっぱなし、食べ物は散らかしっぱなしのゴミ箱状態。
恐るべし、バス感覚!

DSC_0184e20111004032221.jpg


 入国審査では、もちろん「流暢な英語で説明すること」など出来なかったことは、言うまでもない。
でもまぁ、入国。

ふぅ。
ひとまず15,000円ぶんだけエクスチェンジ。いくらかユーロも残しておく。

だが、無事に降り立ったのも束の間、ナント困った事が起こった!!!

予約していた宿が、すでに管理人が帰ってしまった事により宿泊不可能状態になってしまったのだ。
 宿とは全然違う駅にある建物に行き、英語の説明に従ってキーボックスのパスワード操作をしてキーを取り出してきてもらえば何とかなりますけどね~、みたいな、注釈英文が来ていた。
調べてみると、そこ空港から2時間半くらいかかる。

わぁぁぁ!まだ17時半だと言うのにやる気あるのか!!!

主に海外連絡用のメールツールとして利用のFacebookを立ち上げると、違う国のPCからアクセスしたため一時的にクラッシュ状態に。

空港のベンチでスペインで買ったピーナッツをかじりながら、
「さて、これは本格的に困った事になった。地図も無いし。」
と、考え込む。

* Nikon D40x + NIKKOR 50mm f/1.8D CPL
スポンサーサイト



テーマ : 女ひとり旅★    ジャンル : 旅行

Comments

おおお!大ピーンチ!!!
てかチケット安!!!!!
気持ち悪いくらいチケット安いよね!ある旅行作家のコラムによると、日本て世界で一番航空券が高くて安い国らしいよー!(時期での変動が激しい。)
宿は、向こう一週間ぶんくらいそこで取ってて、かろうじてそこの住所しか持ってなかったから、ホントに困ったよ(´~`)

Leave a Comment