1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2018

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05

Category: バックパッカー2016.(香港、ベトナム、ラオス、タイ)

Tags: 紀行文  バックパッカー  女一人旅  海外  東南アジア  ベトナム  写真  

Comment: 0  Trackback: 0

真冬に熟れるアジア旅 ベトナム③
th_1_DSC_0453e.jpg


ベトナム・ハノイへとやってきました。


ビービーと鳴り止まないクラクション。


辺りはの色はあっという間に夜へと変わっていき、やわらかい灯りがつきはじめました。


おびただしい数のバイクに容赦なくクラクションを浴びせて、ひゅんひゅんと走っていく路線バスは、もはや車道も歩道も関係なくって、

「もっとみんなで順番を待ちながら走ったらいいのに?」

と思っていると、

まるでゲームセンターでのゲームをしているかのような非現実感がありました。
(シートベルトが無いのでアウトになったら手すりの鉄柵に突っ込むしかないのです。)


th_3_DSC_0361e.jpg



商店街のような場所を、歩行者もバイクもすれすれのトコロを走って行くので、

今にも「ぶつかる!!!!」とヒヤヒヤするのだけれど、

だんだんとそれが、暴力性などではなくって、「ここの人たちにとっては理にかなってる事なんだ」と気付きました。

そうしたら、バスのガタガタも、300回は聞いたと思うクラクションも、やわらかな街灯も心地よくなってきて、急激に眠たくなってきました。

「ここは日本じゃないんだからねっ!」




と自分の気を引き締めて周りを見回すと、



結構みんな寝てるぞ(-.-)~Zzzzzzz



耳をつんざくようなクラクションとは反対の、穏やかな時間。


バスを降りると足下を火花が散っていて、わたしは、豚の足や、犬の丸焼きが売っているのを、初めて見ました。

バイクの洪水と排気ガス、道を流れる血のような色の水。


しかし、その佇まいになにか街のやさしさが感じられるのです。不思議な街です。




□■□■□■□■□■

studio iota labelの、新コンテンツ!

「ガイドブックには載ってない観光ガイド!」名前は【イオタビ】╭( ・ㅂ・)و

香港ガイドや、ハノイの交通ガイドについて、書きました!

どうぞよろしくお願いします!

【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi

【ウェブサイト】http://www.iotabi.com/

【note】https://note.mu/nagareruiota



th_2_DSC_0382e.jpg

th_4_DSC_0363e.jpg

th_11_DSC_0410e.jpg

th_7_DSC_0394e.jpg

th_5_DSC_0372e.jpg


th_6_DSC_0437e.jpg

th_8_DSC_0389e.jpg

th_9_DSC_0383e.jpg

th_12_DSC_0431e.jpg

th_10_DSC_0439e.jpg

th_13_DSC_0443e.jpg

* Nikon D5300
スポンサーサイト

テーマ : バックパッカー    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。