1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2018

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09

Category: バックパッカー2016.(香港、ベトナム、ラオス、タイ)

Tags: 紀行文  バックパッカー  女一人旅  海外  東南アジア  ラオス  写真  

Comment: 0  Trackback: 0

真冬に熟れるアジア旅 ラオス④
【ハノイ ~ ラオス・ルアンパバーン】

th_1_DSC_0593e.jpg


東南アジア最後の秘境と言われているラオスは、湿り気のある濃厚な空気が流れています。

街全体が世界遺産として登録されている都市が、ここルアンパバーンですヾ(*・ω・)ノ



山間部の小さな町ですが、欧米人のバックパッカーが多すぎて、

「なにこれ?ルアンパバーンってホントに最後の桃源郷?」って感じで、

ちょっと何処の国に居るか分からなくなってきました。


クラブミュージックがガンガン掛かり、

蟻(アリ)の這うベッドで、

「わたしは一体何をしているのだろう?」 と考えていると、

どこかへポッカリと放り出されてたような気がしてきました。



夕日で有名なメコン川の反対側には、ナム・カーン川という名の支流が流れています。

今の時期(乾期)限定で竹の橋が掛かっていて、橋のそばを歩いていると、お約束通り道を尋ねられました。


問掛 「この橋を渡るのって無料ですかー?」

サキ 「5000キープ(約72円)掛かるみたいですよ。」←散歩してた。


訊いていたのは中国人のカップルで、ちょっと話すうちに、

「一緒にトライしない?」という話しになりました。



汗を流しながら、穴があいている橋を渡りました。

川の裏側から華やかな通りを見ると、

早朝から観光産業で働いていているラオスの人たちは、せっせと屋台でご飯を作り、トゥクトゥクの勧誘をし、洗濯物のシーツを干していました。


そうしているうちに、ふと心付いた事がありました。

クラブ音楽が鳴る秘境も、蟻の這うベッドも、

ポッカリと放り出されてた気持ちも、

物事の一つの側面であって、

「全ては絡み合いせめぎあいながら共存している。」のだと。



わたしは、
「道を訊かれる事が案外好きかも知れない。」

と、その時そう思ったのです。



□■□■□■□■□■

studio iota labelの、新コンテンツ!

「ガイドブックには載ってない観光ガイド!」名前は【イオタビ】╭( ・ㅂ・)و

ラオスに来て、顔がスッキリしたと言われます。

どうぞよろしくお願いします!

【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi

【ウェブサイト】http://www.iotabi.com/

【note】https://note.mu/nagareruiota

th_3_DSC_0543e.jpg

th_4_DSC_0578e.jpg

th_5_DSC_0776e.jpg

th_6_DSC_0859e2.jpg

th_7_DSC_0773e.jpg

th_8_DSC_0869e.jpg

th_9_DSC_0833e.jpg

th_DSC_0663e.jpg

th_10_DSC_0755e.jpg

th_11_DSC_0710e.jpg

th_12_DSC_0737e.jpg

th_14_DSC_0619ee.jpg

th_13_DSC_0623e.jpg

th_17_DSC_0680e.jpg

th_16_DSC_0665e.jpg

th_18_DSC_0900e.jpg



th_2_DSC_0541e.jpg

* Nikon D5300
スポンサーサイト

テーマ : バックパッカー    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。