1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2018

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17

Category: バックパッカー2016.(香港、ベトナム、ラオス、タイ)

Tags: 紀行文  バックパッカー  女一人旅  海外  写真  東南アジア  タイ  

Comment: 0  Trackback: 0

真冬に熟れるアジア旅 タイ⑤
【タイ・カオヤイ森林地帯とバンコク】


「いつか、もっと大人になったら、2人でアジアを回ろうね」

思い返せばタイには、大学の卒業旅行で15人くらいで来たことがあるのです。


同級生に長期バックパッカーを経験してきた人がいたから、初めての乗り物に乗ってたくさんのことをしたのを懐かしく思います。

安宿のシャワーは部屋が水浸しになって、

屋台の食べ物ではお腹を壊して、

ナイトバザールで買ったサンダルを、好きだった人に渡したら、壊れるまで履いてくれたのが嬉しかったです。


計 5,000円の旅行。



その時「いつか、もっと大人になったら、2人でアジアを回ろうね」と、約束したことを覚えています。

その女の子は今、遠い地で子育てをしていますが。



放課後の教室で輪になって、いつまでも飽きずにおしゃべりをしていたあの頃、

会いたくて、しゃべりたくて、その場所まで駆けていく。


けれど、「じゃあね」って手を振ったら、そこで二度と会わなくなってもおかしくない。

そんな『それぞれの未来に向かっていく通過点』を感じながら、帰路につく。

そんな経験ってありましたか?私は、しょっちゅうありました。


お腹がちぎれるほど笑い転げて、叫びだしたいくらい寂しくて。

感情的なそれって、実は贅沢品だったのだなと思うのです。



「バンコクは1人では訪れたくなかった。」

あの時から10年後のわたしは、そんな事を考えながら、この地で汗を拭っています。



さいごにタイでも、道を尋ねられました。


問掛 「今、私がいる場所ってどこかしら?」

サキ 「なにそれ、ハードル高っ!」



□■□■□■□■□■

studio iota labelの、新コンテンツ!

「ガイドブックには載ってない観光ガイド!」名前は【イオタビ】╭( ・ㅂ・)و

ラオスのガイド、タイのドタバタ話しなども書きました!

どうぞよろしくお願いします!

【Facebookページ】https://web.facebook.com/iotabi

【ウェブサイト】http://www.iotabi.com/

【note】https://note.mu/nagareruiota

th_1_DSC_0076e.jpg

th_2_DSC_0030e.jpg

th_3_DSC_0022eq2.jpg

th_4_DSC_0045eq.jpg

th_5_DSC_0064eq.jpg

th_6_DSC_0101eq.jpg

th_7_DSC_0142e.jpg

th_8_DSC_0206e.jpg

th_9_DSC_0924e.jpg

th_10_DSC_0994e.jpg

th_DSC_0978e.jpg

th_12_DSC_1034eq.jpg

th_13_DSC_0294eq2.jpg

th_14_DSC_0953e2.jpg

th_15_DSC_0954eq.jpg

* Nikon D5300
スポンサーサイト

テーマ : バックパッカー    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。