FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
05

Category: バックパッカー 2011.(スペイン、イギリス、フランス、韓国)

Tags: 女一人旅  ロンドン  ドラマー  海外  紀行文  バックパッカー  ヨーロッパ  

Comment: 2  Trackback: 0

女一匹 思い立ったが旅.13 ~イギリス編~
いくつか宿を調べてみるが、中々空きが見つからない。
このまま明るくなるまで空港に泊まる?ホラ、今8月だし!、、、

よくわからないまま、よくわからない事を考えて、どれくらい居ただろうか。

 可笑しいけれど、元来ワタシは『フレキシブル(融通のきく、柔軟な、 順応性のある)』
とは正反対で、かなりアレンジ性の低いアタマを抱えているのだ。
 見た目のせいか飄々としたクールに間違えられがちだが、それはちょっと間違いです、皆さん!実はいたずらにポカが多いし 比内鶏並の小心者なのである。("比内鶏並"は、角田光代さんのエッセイで面白くて、一度使ってみたかった思った表現!)

ちなみにクールってよりは熱血烈女です。。。


「頼みの綱だ!!」
 スペインを出る時に「これからロンドンに行くから、週末に会えたら会おうねー!」
などと淡い約束をしていた ロンドン在住で日本での同級生、みーちゃん(仮名)に、急遽事の顛末を話し、ものすごく困ってる旨を伝えた。それはもう素のまま誠心誠意込めて。

よくよく考えればそこまで困った事でも無いではないか・・・と突っ込みを入れたくなるが、その時はスペインでの一連で抱えたコミュニケーションへのコンプレックスをだいぶ引きずっていて、ちょっとのアクシデントでもパニックしてしまったのだ。

(あぁ、情けないままスペインを飛び出し、ここでも早速情けない。)

心優しいみーちゃんを捕まえ、待ち合わせをする事に決まった。
「ただ、かなり治安の悪い町なので、駅の改札で待ち合わせね。着いたら一人では絶対に外に出ないで!」
うぅっ。

securedownload.jpeg
★言葉のやり取りが出来ない時に役立ったメモ帳。これに書いてもらったり、見せたりしてどうにかする(上ページ)
 そして大きな駅ではwi-fiが使えるので、その隙にスバヤク行き方を調べてメモ(下ページ)


「本当に会えるのだろうか?」
乗り込んだ列車の車内で、「かなり治安が悪い」と言う箇所がグルグルし、緊張がハシッタ。
でもそのドキドキは不安と言うより、しばらく会っていなかった友達に会える方が嘘みたいに感じられたからだったからだ。
だってそれと、運が良過ぎる。。。

24:15。ヴィクトリア線の終点のBrixtonと言う駅に到着する。

ドキドキドキドキ。
駅の改札に、果たしてみーちゃんとそのパートナーが居る!うそっ!
抱き合って、喜んでしまった。

 その夜はそのまま、彼女が5人でシェアをすると言うフラットにお邪魔する事になった。
住人のほとんどが何かしらのアーティストで、かなり雑多な空間に画材や楽器がたくさんある家だ。
キャンバスに埋もれて空きソファーがあり、そこに寝袋を敷く。

「本当はバカンスの時期だから、旅行に行こうと思ってたんだ。でもそれを延期したところだったから、丁度良かったね!」
と、ピザを焼いてくれる。

「お礼に、何か演奏してよ。日本でまだ演奏聴いた事無いよね」
と、冗談ぽく言われたので(それも優しさだ)、そこにあった太鼓の中からダラブッカで、ドラムンベースを演奏した。

やばいダサイ!!・・・と言うほど腕も何も動いたものじゃなかったけれど、みんな喜んでくれて、温かかった。

それ以降、ロンドンで演奏する機会がやってきて、その全てにみーちゃんは付いてきてくれる事になるのだけれど、それはしばらく後の話しになるのだ。

DSC_0186.jpg

* IS03

スポンサーサイト



テーマ : 女ひとり旅★    ジャンル : 旅行

Comments

よかたよかたー!
ミラクルー!!!

Leave a Comment