FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
06

Category: バックパッカー 2011.(スペイン、イギリス、フランス、韓国)

Tags: 女一人旅  ドラマー  ロンドン  海外  紀行文  ヨーロッパ  バックパッカー  

Comment: 2  Trackback: 0

女一匹 思い立ったが旅.14 ~イギリス編~
~「英語を勉強して帰る自分」の想像図は、楽器屋街と言う圧倒的パワーの波によって、敢えなく押し流された。~

ロンドンでの一日目。
 まずは日本語の地図を手に入れなければならない!との希望をして、セントラルに連れて行ってもらった。
ロンドンと言ったら想像していたのは曇り空。広がっていたのはピーカンな青空。

「昨日までは雨で、とっても寒かったんだよ。でもさきちゃんが来てから晴れた!おかげで半袖が足り無いよ。」

スペインでもそんな感じで晴れを連れて歩いていたので、「どうやら今回は本当に晴れ女なのかも知れないなぁ!」
と半ば本気にして、ワタシは高調する。

 地下鉄の駅で路線図を取り、そしてICカード乗車券のOysterカードと言うアイテムをを貸してもらった。
これは日本で言うSuica等と同じで、ロンドンの地下鉄はゾーン区分になっていて切符を買うのが少々ややこしいうえに乗り越し精算が出来ないのと、現金で買う切符だとかなり割高なので、最初に手に入れなければならないアイテムだ!
最初は割高な現金切符を買っていたのだが(何しろ初乗り500円以上と言う暴挙ぶり)、カードを貸してもらえてからだいぶ助かり、電車でもバスでもピッピッと毎日のように使うようになった。

DSC_0197e20111006190226.jpg
ピカデリーサーカス。ダブルデッカーバス。赤の電話ボックス。

 途中、語学学校が沢山あると言うOxford Streetに向かったのだが、そこで偶然に楽器屋街を発見し、そこから運命が変わった。
なんだか良くわからないけれど、「英語を勉強して帰る自分」の想像図は、楽器屋街と言う圧倒的パワーの波によって、敢えなく押し流された。
モスクワの空港で、練習道具を一度全部無くして(盗られて)しまっていたのだが、それを全部買い直そう、とその時思っていた。

そのままの足で、ジャズの演奏が聴けそうなところ、演奏できそうなところを何件か回って、チラシを集める。

DSC_0212e20111006190252.jpg

そして2人でSOHO、中華街などを歩いて、簡単にお茶をしてスーパーマーケットに寄り、その日は早々に終わり。

宿探しの続きに入らなければならないからだ。
【とにかくすぐに1週間くらい移れそうなドミトリー】を探す。
8月って時期がなぁ。。。カタカタカタ。路線図がまだ分からないぁ。。。カタカタ。

その時、検索するロクデナシの頭上に後光が差した。
「うちのソファーでよければ、居てくれていいんだよ。この通り5人暮らしでキタナイところだけどね。ねぇ、どうする?」

DSC_0526e20111008030437.jpg

マジですか?神ですか?!!!!
ありがとう。嬉しい。

気の利かないワタシにでも、断る理由など、無かった。
その代わりに出来そうな事を必死に探した。

DSC_020620111006190314.jpg

その日の手記にはこんな風にメモしてある。

『僕は明日に 明日は君を
君はその誰かに そうしてあげて』

これは気に入って、引っ張ってきた、文章だった。
困った後にありがとうを思った時、いつか誰かにも それをしてあげる事ができるんだろう。とその時ふと。ハッキリ感じていた。

* Nikon D40x + NIKKOR 50mm f/1.8D CPL
スポンサーサイト



テーマ : 女ひとり旅★    ジャンル : 旅行

Comments

電車高ー!!!!!さすがロンドン。。。。。おそろしや
ね、おそろしや!
今はとても円高だから1ポンド125円くらいだけれど、3月頃までは1ポンド250円くらいだったらしい。だから…初乗り1000円以上ってこと!?だよねー!無理(笑)

Leave a Comment