FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
08

Category: バックパッカー 2011.(スペイン、イギリス、フランス、韓国)

Tags: 女一人旅  ドラマー  ロンドン  海外  紀行文  バックパッカー  ヨーロッパ  

Comment: 0  Trackback: 0

女一匹 思い立ったが旅.15 ~イギリス編~
 この日から居候家で、朝はキッチンで顔を合わせ、昼間は皆それぞれの生活があるので 私も1人でどこかへ行く。夜の20~21時には必ず帰り、その日にあったことをアレコレ話したりするペースになった。
夜、その時間までに戻るようにしていたのは、22時を過ぎると治安は途端に悪くなる。
歩いていると、タバコをねだられたり、クスリを持っていないか?と。様々なバリエーションでもって、それらの事を聞かれたりするらしいのだった。

 滞在していたBrixtonというのは南ロンドンにあり、80年代は大きな暴動があり治安の悪さで泣く子も黙る悪名の高さだったけど、最近はアーティスト・デザイナーなどクリエイティブ系、ヤングファミリーも移り住んでオシャレなバー・大箱クラブハウス・活気あるマーケットが混在するセントラル・ロンドンに近いわりには家賃が安く、エッジーでマルチエスニックな街。
とてもカリブ系黒人が多く、黒人特有の色彩感覚やリズム感が独特の雰囲気を醸し出している街です。(※引用)

DSC_0178e20111008012512.jpg

 治安の悪さは今もまだあるらしく、みーちゃん曰く「女の子一人で泊めるような場所じゃない(苦笑)」と。
声を掛けられるだけならまだ良くて、もっと危ない目に遭う事も。。。なので、ものすごーく律儀に守って生活していた。

DSC_053820111008020532.jpg


Tube Mapを持ち、早速出かける事にする。
実は、ロンドンに行く機会があったら「まずここに行く!」と決めていた場所があった。
それは、"Hyde Park(ハイド•パーク)"と言う、大きな公園だった。

何を隠そう、私は中学の時からラルク・アン・シエルが大好きで、Hyde Parkと言う素敵な名前の公園が遠くの国にあると知った時から、密かに行ってみたいと幼心をときめかせていたのだ。
比内鶏は律儀なうえに、一途なのだ。

DSC_0221.jpg

 バンド演奏を始めたばかりの中学生の頃、今は亡きおばあちゃんに、渋谷のデパートでラルクのバンドスコアを買ってもらったり、コンサートに行った帰りに一文無しになってしまい 歩いて助けを求めたなど、その時聴いていた感覚って、何とも鮮やかに覚えているものだ。なんて考えていた。
ちょうど、カセットテープのウォークマンから始まり、後期はMDプレイヤーが出現した頃である。

 ちなみに、高校生になっても、CDの発売日に学校を飛び出して買いに行って、熱心な担任に首根っこ掴まれてレッスン室に戻されたりしたなぁ。。。

DSC_0224e20111008011252.jpg
アカチャン~!
DSC_0234e20111008011343.jpg
公園内はとても広くて、地図を見てもどっちに進んでいるのか方向がまるで分からなくなり、ゆっくりするつもりが、丸々1周してしまった。大変だったけれど満足、満足★
DSC_0249e20111008011517.jpg
ロンドンには大きな公園がいくつもあって、そこに座っている人の多さには、とても驚く。


☆Kensington Gardens(ケンジントン・ガーデン)
DSC_025920111008012606.jpg


☆Bromptom Oratory(ブロンプトン礼拝堂)
DSC_049620111008012819.jpg

☆Harros(ハロッズ)

* Nikon D40x + NIKKOR 50mm f/1.8D CPL & IS03
スポンサーサイト



テーマ : 女ひとり旅★    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment