1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2018

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15

Category: 流れるイオタ

Tags: 流れるイオタ  studioiota  考え事    レジャー  

Comment: 0  Trackback: 0

【studio iota label ☆ 海水浴】
th_写真 2016-08-10 12 06 35



我らが音楽レーベル、studio iotaの空気の状態は決していいものとは言えなかった!

むしろ、あまりよくなかったように思う。


大きな原因のひとつは、リリースを経験した際に、わたしが抱え込み過ぎて焦って自信をなくして…
すっかり後ろ向きになって足が止まってしまった事だろうか。


密かにメンバーを困惑させ、不安にさせ、そのカタチとして怒らせていることを打ち明けられながら、
わたしも同じように、困惑して、不安になって、怒っており、


そして、それに気付いていないのは自分だけだった。



弾かれたように「わたしは人に会いに」東南アジアに行き、

ニューヨークに行って、音楽三昧の日々を過ごし、ニコニコ絶好調で戻ってきた。


帰国の日は、studio iota labelのライブに合わせて決めた。



そして、本心と現実をぶつけ合う日が来た。


抱え込んで滑稽な事を叱られ、

ずっと頑張ってきた事をたくさん受け止めてくれて、

素直になりなよと ぶつかってくれて、、、感情揺さぶられて泣きそうになっていると、その何度目かで、相手の方が先に泣いた。

「さきちゃん、音楽やめないでよ」

え・・・?
わたしはひどく狼狽した。

「そんなに辞めそうだった? やめないよ。やめないから!」

(「不安だよ」)

その翌々日、わたしたちはみんなで海水浴に行った。
もちろん、はじめてのことだった。

th_写真 2016-08-10 12 52 43





帰国して5~6日の間に、近しく会う人会う人に、

「もうドラム嫌いになったんじゃないかと思ってた」と言われ、

「辞めるんじゃないかと心配だった」と心配され、

「音楽に対して後ろ向き!」とキレられ、

ちょっとしたショックを隠せない日が続いた。




わたしは、差し伸べられた手を振り払って逃げて、勝手に寂しがる天才なのだそうだ。

いつも、どこか寂しそうなのだそうだ。

ありがたいなと思った。直接言ってくれるだけ、いつだって人に恵まれている。




つい一週間前まで、ニューヨークではいつも、こう言ってもらえていたのだ。

「いつもニコニコしていて穏やかだよね」

「優しいよね」「この人怒らせたらよっぽどだよ」

「さきちゃんといると、本当に音楽が大好きなんだなーって言うのが伝わってくる」


っとな!

わたしの中では、何ひとつ変わっていない。…つもりでいるのに。


もうどれが本当の自分なんだか、分からなくなりそうだ、こうなってくると。

という、夏の日。


th_写真 2016-08-10 13 58 54

th_写真 2016-08-10 13 57 45

th_写真 2016-08-10 12 28 33



【ライブ情報】

◇2016/ 8/23 (Tue)  《流れるイオタ》
@四ッ谷 SOUND CREEK Doppo 『円形劇場』
■出演 鳥頭(uzu) / 富山優子トリオ/ 流れるイオタ
Open 18:30 / Live Start 19:00
Charge ¥2700(1Drink付、税込)

SOUND CREEK Doppo
東京都新宿区三栄町1−2 B1F 03-6380-4245

普段は客席になっているフロアにバンドセットを広げ、皆様には舞台上に配置された客席から見て頂くという逆転イベント!
皆さまと楽しい時間をお過ごしできたら嬉しいです。


◇2016/ 9/8 (Thu)  《流れるイオタ》
@ 青山 月見ル君思フ

ご予約はstudioiota0@gmail.comか、フォームまで、【お名前】【公演日】と【枚数】明記のうえお送り下さい。
Purchase ADV ticket!!!!!
スポンサーサイト

テーマ : 音楽    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。