FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2018

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24

Category: バックパッカー2016.(アメリカ)

Tags: 音楽家  コラム  女一人旅  紀行文  ドラマー  流れるイオタ  作曲家  命をかける芸術  

Comment: 0  Trackback: 0

【人に会いに行く 豊島(瀬戸内国際芸術祭)〜四国中央編】光をみつめる
th_2_DSC_1035e1.jpg



友人が編んでくれたミサンガが増えると、手足は、まるでフェスタみたいに賑やかになっていく(^_^)



肩につかないくらいの髪の毛にハットをかぶって、半ズボンを履いて、リュックとスティックバッグを背負う。
時刻表を読んで、一両しかない電車に飛び乗って…

みんなとのバイバイの時間が寂しくて、
いつもどこかイジケた顔をしてる。


それは10年前の私だ。

今と、全く同じフォルムをしている。

まだそこに居る事を見せつけられる。

560058_364222493632273_1056868840_n.jpg ←10年前


埋めても埋めても、
埋めようのない空白の中で、
どうにか起き上がるのだ。

なんて言うと、ありがちな詩的だけど、

そのほぼ全てを失って、
カメラを持った頃の、穴があきそうな孤独の時代を思い出して、
もう二度と戻りたくはないと焦る。

あの時も何本のミサンガ巻いてたっけ?



光を求めて真っ直ぐ進んできたら、同じような場所に居た。

th_DSC_0962e.jpg


アメリカから戻ってきて、現実。
起きた瞬間からの、寒気と絶望感。
たった一週間で、こんなに変わってしまうものかと思う。

本当に、どうしてしまったんだろう?

th_DSC_1060e.jpg



『モノづくりは、人生だ。』

同じように学んできた、音高、音大の同級生とは、

「モノづくりはめちゃくちゃシンドイ」

と言うことを、当たり前のように話せるので助かる。

th_5_DSC_1175e.jpg ←シンドイ図


音楽が大好きで、決して離さないということを大前提として、

理論の勉強は難しいし、惨い競争社会だし、機材も重いし、想像を絶するくらいシンドイ


その覚悟で飛び込んで、続けられる環境に置かせてもらっている。


結局、信念を持っている人たちは、止まったところで辞められないし、

辞めれないなら、

命を懸けて、最高の音楽をして、それ最高に幸せ(*^^*)

という、

その先にあるかも知れない光(結局いい音楽を作るというプロフェッショナルな目的)に向かって、走り続けるしか道はない!



シンドイを越えると「たのしくて仕方ない」になる。「それを伝えていきたい」になるかも知れない。
でもまたシンドイに飛び込む!(笑)

それが挑戦し続けるということ。


途中で手を離してしまったり、シンドイ前に辞めてしまった人には決して分からない。悪いけど。
続けるのは、それくらいシンドイ。

ワガママで情熱的な前田ですらこれでも気が優しすぎるくらいで、同級生達の意見は、もっとバーッサリ現実を切る。


音楽をする事は現実逃避ではなく、音楽をする事が現実生活。


そしてそれを話していると、自分を取り戻せる。

th_DSC_1125e.jpg



総決算なのか、走馬灯なのか?と思うほど、身辺は賑やかで、

真面目に、幸せな人間関係を作ってきたものだと頷く。


th_3_DSC_1138e.jpg

今いる場所がすべてじゃないよ、
もっと世界はいろんな方向に広がっているから。

よく分からないけど大丈夫よ!


th_1_DSC_1157e.jpg

th_6_DSC_0951e.jpg

th_4_DSC_0987e.jpg

th_DSC_0965e.jpg

th_DSC_0992e.jpg

th_DSC_1167e.jpg

th_DSC_1139e.jpg

* Nikon D5300
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。