FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2018

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08

Category: 音楽

Tags: スタートは多少悪くても遠からず事態は好転する  ただのコラム  写真  三軒茶屋  音楽家  バックパッカー  女一人旅  

Comment: 0  Trackback: 0

Rain before seven, fine before eleven.
音大出身の若い人たちが経営するライブバー"四軒茶屋"は、面白い芸術家が沢山集まる隠れ家です。

今日はここで世界を旅するヴァイオリン弾きのnanacoちゃんに会い、

モロッコでの移動生活や、オーストラリアでのキャンプ生活などの話しを聞かせてもらいました。

「今、やりたい事が溢れていて、その為のお金も時間も、自分の為に使える。
 その状態は最高に楽しい!!」

「アーティストは、輝けるゴミかカスかクズだ!!(自分も)」

というところから、お話しが始まります。


一度、お互いにガッツリと話し合ってみたいと思っていたものですから。




わたしたちに共通していた事は、

長期計画派

というところです。


ここの感覚が噛み合う人って、なかなか居ないんです。
むしろ初めてかも知れません。



どういう事かというと、
「夢」や「目標」として掲げたことは、
時間をかけてよければ、絶対に手に入ると思っています。

「絶対に手に入れる目標」をシッカリ定めていれば、長期的に走り続けることができます。
何しろずっとずっと頭の中に居るので。

すぐに結果を欲しがって待てない人が多過ぎるんじゃないかなぁ?と思うのです。





逆に、思うような関係性を築く事が出来ず、自分のチカラの足りなさを感じてしまう事もあります。

失恋でもしたら、《長期計画派》は、1年でも2年でも平気で引きずり続けます。

自分の至らなさを責め続けます。


けれどその間に、パワーの使いどころを自分の成長に向ける。

ありがちな自己啓発みたいですが、

哀しさも切なさも死んでしまいたいくらいの落ち込みも 自分の成長に向け続けて、

最終的にブチ抜く事が【復讐=浄化】になりますからね。



真顔で言いますが、ものづくりはシンドイです。→『モノづくりは、人生だ。』

最高に楽しく幸せで絶対に手を離さないという事を前提として、

自身の一部を削り続けているのだからシンドイです。




他人に対しては、最大に一途だけれど、結構ドライです。

それは結局のところ、「他者は他者であることが当たり前」と認めているからです。


自分を犠牲にするのではなく(まだ子供であったり人間として生活していけない場合は別。)、

信念を持って 今こそ そこを大事に信じていけるのであれば、

結局のところ、他人の価値観や違いや評価について(=他人軸)は特に何も気にならないからです

違って当たり前ですもんね。いい意味で。



そうあることで、無闇に腹をたてる事も無いですし、

ありのまま、とてもナチュラルに優しく存在することが出来る気がします。


ぶつかり合う事が時間の無駄とおっしゃる方もいますが、
わたしは、そうも思いません。
ぶつかり合って"違い"を感じられたときほど、貴重な意見を吸収できたりするからです。(欲望のままの裏切りは、"違い"もクソも無くダメですけどね。)




今は大人になれて最高です。



nanacoちゃんとは、秋になったら一緒に小笠原諸島に冒険に行く事が出来たらいいなと思っています。

旅行に一緒にいく人がまた出来て、嬉しいなと心が弾むのです。



th_DSC_0239e.jpg


* OLYMPUS OM-D

スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。