1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2018

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25

Category:

Tags: 自作楽器  諏訪大社  パワースポット  子宝  恋愛  神様  旅行  

Comment: 0  Trackback: 0

そこから先は、オマケ
th_14717245_1147501718637676_3240853468888634689_n.jpg


歩き続ければ、景色は見え続ける。

一週間ほど前、諏訪から戻った。
ずっといい気に包まれて、Aromariageなおみちゃんと自由に過ごす。

もはや詰んだな💀と思ってたのに…何だかんだ今幸せだね✨って。

最後の諏訪大社前宮では2人同時に1ミリのズレもない柏手を打ってた。

不思議な人生ね。


すごく漫画みたいなシチュエーションでプロドラマー生命を失った事があるけれど、努力した時間だけが、やっと逃げない自信になるのかなって思っている。

今、何かが怖いとしたら、努力が足りてないんだなと思うことにしている^^

泣いてる時間に勉強のひとつでもしなさい!と。


もういいから、埋めるのではなく進むのだ。背筋を伸ばして。




そう言えば音楽の現場で、TV番組ではおなじみとの医学博士で脳科学者の中野信子さんの、イケメン夫と書かれている圭さんに時々お会いする。マイクを通せないくらいの声で、とてもゆっくりしゃべられる不思議な人だ。自作の楽器やスピーカーを発明してくる。

↓鏡の国のギターという、発明品。
th_写真 2016-10-25 19 23 56 (1)


そこで信子さんの事を初めて存じ上げたのだけど、


自分に何が出来るのかを分かった上で、
手の届くものを知ることが努力。
出来ないことは、出来る奴に任せればいい。
努力の方向性を間違えてはいけない。

生物の本質は、生き延びる事。
自分の生活を、いかに楽しむか!


と言うインタビューを聞いて、本当にまさにそれですよ!

と思った。

すごくドライなようだけれど、それに尽きると思う。

自分の根源欲求を突き詰められない人は生きるの大変になるよなあ。


出来ないことは、出来る奴に任せればいい。
これは徹底して常々思って、口に出すようにいしている。
(餅は餅屋でありたいのに、自分も究極の器用貧乏、苦労マニアなので。)


旅に出る目的っていうのは、ひとつ。『人に会いに行く』。

その過程で味わえるのは
生き延びる事。
だ。

文字も言葉もルールも分からない中で、道に迷う。食べ物も買えない。夜の治安も悪い
そのソリッドな ”ギリギリ生きる"という感覚が、モノ作りの原料になる。

そこから先は、オマケ。


th_写真 2016-10-18 12 35 15

th_写真 2016-10-18 17 00 11

th_写真 2016-10-18 12 55 58

th_写真 2016-10-18 17 00 15

th_写真 2016-10-18 12 00 48

th_写真 2016-10-17 17 55 55


* Hipstamatic

スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。