FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
14

Category: バックパッカー 2011.(スペイン、イギリス、フランス、韓国)

Tags: 女一人旅  ドラマー  ロンドン  海外  紀行文  バックパッカー  ヨーロッパ  

Comment: 2  Trackback: 0

女一匹 思い立ったが旅.18 ~living-roomイギリス編~
英語への恐怖は突然やって来た。

誰かに話しかけられたらどうしよう!?と、オドオドしながら、早足になってしまう。

ルームメート達はとても親切に、ゆっくりと話しかけてくれるのに、片言の単語も出てこないのがもどかしくて、一日の終わりに会うのが怖いと言う思いが日中のアタマをかすめる。

食べるものは全て、スーパーのセルフレジで買えるサンドイッチになったw

そんな感じで、つまり人と会話をするのが怖くなってしまった。


そんなある日、ルームメイトの誕生日があり、家で映画を見る事になった。

「music for one apartment and six drummers」と言う動画があって、家のなかのあらゆるものを使って、ものすごく高クオリティな演奏をしてしまうと言う内容のものだ。
演奏シーンを切り取ったその動画自体は10分ほどで、私がそれが好きで紹介したところ、みーちゃんが映画版を発見したのだった。

映画は2時間弱、北欧の映画なので、英語での字幕が出た。

「内容、よくわからなかった…?いやいや、そんな事無かった。
映像があれば意外と理解できるかも知れない!」


(動画)→身の回りにある生活用品を楽器にして、マジ顔で演奏するこの動画は好きです!リビング編のエキサイトがすごい。是非、低音まで聴くことのできる機器で再生してみてもらいたい。


見終わったあと、一人がそれを真似し出した。
台所の扉をパタパタとして、「確か、こんな感じだったよね」と笑顔で言う。

それに合わせてバースデイの彼が、私がプレゼントに渡した ちいさな民族楽器を持って叩き出した。

みんなで真似をし出す。

鍋のフタをガチャガチャ合わせてみる。
そこに並んでいた飲みかけのコップを叩く。
床を手で叩く。
そのうち楽器を出してきて叩く!吹く!

オーブンレンジの鳴る音で終了。
DSC_0536.jpg
DSC_0533.jpg


その一件以来、言葉へのコンプレックスが、なんだか開き直ってしまった。
ほんとうに。
それは多分、それまで迷って浮いてた足が、地に着いたからじゃないかと、思う。

と言う ベタなオチなのだ。

それをかっこ良く書いたりはとてもしたくない(笑)
でも、不思議だよなぁ。

* IS03
スポンサーサイト



テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 海外情報

Comments

あー!!家具ドラムみたことあったー!!好き好き!面白いよねー!
けど詳しく知らなかった!

facebookにも動画アップぽるふぁぼーる!
この動画最高だよね?
マジ顔でやってるのがたまらない!マジ顔できたらプロになれるかしら!
「Sound of Noise」って映画になってたよ。でも この動画単体が実は一番面白いかも!

Facebookに、以前動画のリンク貼ったよー!

Leave a Comment