1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2018

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21

Category:

Tags: 紀行文  写真  エッセイ  瀬戸内国際芸術祭  2016  音楽家    小豆島  豊島  フェリー  

Comment: 0  Trackback: 0

豊島美術館の中で、私は生まれ変わるのだ。
豊島美術館の中で、私は生まれ変わるのだ。

th_1_ファイル 2016-11-11 19 48 25



旅の神様と一緒だから大丈夫。

th_2_ファイル 2016-11-11 19 51 42


瀬戸内海の小豆島を一周中に、

th_7_DSC_0413e.jpg



潮が引いた時だけ現れる道があって、地元の方が車で連れて行ってくれた。

th_10_DSC_1035e1.jpg



旅に出る目的っていうのは、ひとつ。『人に会いに行く』。

th_11_PB029564e3.jpg



その過程で味わえるのが『生き延びる事』だと思っています。

th_9_ファイル 2016-11-11 20 10 34



文字も言葉もルールも分からない中で、道に迷う。食べ物も買えない。夜の治安も悪い。そのときの”ギリギリ生きる"という感覚が、モノ作りの原料になる。

th_5_ファイル 2016-11-11 19 55 43



生物の本質は、生き延びる事。そこから先は、オマケ。

th_3_ファイル 2016-11-11 19 52 32




オマケなのだから、大抵は何も知らないで頼りなく震えながらその場所に降り立つ。

th_6_DSC_0230e2.jpg



見かねたお友達が調べてオススメしてくれる場所には素直に足を運んでみる。絶景ポイント、飲食できる店、歴史のある場所…そんなネット情報を頼りにスタートする。

th_4_ファイル 2016-11-11 19 53 47



あとは地元の人とひたすらしゃべって次の場所へ運ばれていく。いつだってそうだ。

th_13_写真 2016-11-02 23 03 48



そういった旅のスタイルを、湧き上がる音を、仲間を、出会う人たちを、

th_8_DSC_0700e.jpg



子供みたいに信じている。

th_12_ファイル 2016-11-11 20 05 13


* Nikon D5300
スポンサーサイト

テーマ : 四国遍路    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。