FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2018

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23

Category: 生活

Tags: ドラマー  女一人旅  バックパッカー  流れるイオタ  ただのコラム  ニューヨークに暮らす  エッセイ  

Comment: 0  Trackback: 0

30代のニューヨーク。既存ではない「家族」と、自分の枷から脱するの
【30代のニューヨーク。既存ではない「家族」と、自分の枷から脱するの】

ミュージシャンで子連れの彼女と毎日のように遊ぶようになってから、
ストイックだった世界は急激に慌ただしくなった。

脆くも生きる世界の選択をする。そんなエッセイを書かせて頂きました。

http://www.iotabi.com/2016/11/blog-post_19.html

th_写真 2016-07-14 18 41 44e


こちらの記事が、イオタビのサイトで、初登場で5位だか4位にランクイン✨

"こじらせている" 記事って、

いつもより読んで下さる方が沢山居たりします❗

まるで女子が、交換日記に書いているような感じですよね😏



通常の旅行ガイドでも、"こじらせている" 部分があると、急にランクインしてきたりするようで、

エモい気分でお恥ずかしいですけど。書いてて楽しいので、いいものですね。


後で読み返した時に、ニンマリと笑顔になるものもあれば、、供養で書く場合もあります。

嗚呼。"こじらせてる" を、表現する生き恥め。




後日談。


ちょっとやるせなかった時期に、親友たちがミサンガを編んで、それぞれ手と足に巻き付けてくれました。

これで、「またどこまででも歩けますように」って。フェスタみたいな賑やかな色の子。

th_写真 2016-08-19 3 15 33


流行語「こじらせ女子」を生んだ、ライターの雨宮まみさんが、少し前に亡くなったそうです。
本当に40歳の若さで亡くなられてしまったのか…。

不安だわ。

【WEB連載 : 40歳がくる!】

parts-bag.png
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。