FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2018

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23

Category: バックパッカー2016.(アメリカ)

Tags: ドラマー  女一人旅  流れるイオタ  ただのコラム  ニューヨークに暮らす  エッセイ  

Comment: 0  Trackback: 0

8月の熱風
NYCのジャズクラブで "ナイスミドル" に初めて出会った夜、

「君は日本で何か事業をやってるでしょ?とても苦労してる顔をしているから、すぐ分かった」

と言われて、わたしは少し凹んだ。

そして何度か叱られた。
へりくだった言い回しをすると「上も下も無いじゃん。友達じゃん。」って。


帰国の前夜。ナイスミドルが、ブルックリンからマンハッタンのドライブへと連れて行ってくれる。

ニューヨーカーになった同級生と、ボロっちい格好をした私を拾って。


忘れられないようなビルの中に切り取られた空、まぶしい夜景と海と自由の女神、8月の熱風を浴びて、

別れ際に家の前でほんの少しだけ抱きしめられた。

なぐさめるように撫でられておしまい。

そうだ、あの時の私は、何だか寂しい顔をしていたのだった。

■過去記事【30代のニューヨーク。既存ではない「家族」と、自分の枷から脱するの】


明日、日本の鎌倉で再会をする。

ニューヨークを感じて作った曲の演奏を、聴いてもらうことは出来るだろうか^^

あのとき少しだけ寄せられた胸が、温かかったのを思い出す。






■□■□■□■□■□■□

鎌倉の路地裏の無国籍なラウンジ&レストラン

「ワンダーキッチン」で本日より、世界を旅する作曲家/ドラマー前田紗希の写真展がスタートです。

🐤こんなお店。【朝日新聞 | 門外不出の南インドカレーと、古民家のかくれやど】🍴

「ワンダーキッチン・プロジェクト」は、無尽蔵にパワフルな音楽家のオーナーがタイ、 マレーシア、フランス・バスク地方の料理を提供するカフェ、アジア雑貨ショップ、ヨーロッパの古着ブティック、ハンバーガースタンド、ゲストハウスなど興味深いポイント満載の総合プロジェクトチーム!

23日(祝)19時〜は、この写真展のためにstudio iota labelメンバー全員で作り上げたBGMアルバムの楽曲を 演奏しちゃう特別なライブも開催されますよ。もちろんアルバム販売も致します。


studio iota BGM set!!《流れるイオタ × イシタニタイジュ鍵盤ハーモニカQuartette》

@ 鎌倉 ノラネコバーガー

19時スタート 入場無料

前田紗希(pf)

イシタニタイジュ(melodion)

REICO(melodica&chor)

矢野聖始(g)

永松徳文 (wb)

長沼航(per&chor)

&

Yurry(vo)

からなる、特別編成。

秋の鎌倉を観光しながら、入場無料ですのでフラっと飲みにいらして下さい。

th_写真 2016-07-20 14 11 55
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。