FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
16

Category: バックパッカー 2011.(スペイン、イギリス、フランス、韓国)

Tags: 女一人旅  ドラマー  ロンドン  海外  紀行文  ヨーロッパ  バックパッカー  

Comment: 3  Trackback: 0

女一匹 思い立ったが旅.19 ~演奏前夜イギリス編~
と言うわけで、私は「人と会話するのが怖くて逃げ回るように歩く」気分を脱出して、再び活力を手に入れたのである。


この日は水曜日。
現地でシンガー活動をしている日本人の女の子と会う約束をしていた。

 友達の友達に当たる人で、ロンドンに着いてから、急にメールで紹介してもらい連絡を取ったところ、ロニー・スコッツと言う老舗のジャズライブハウスで毎週水曜日にフリーセッションがあるので、早速一緒に出掛けてみようと言う運びになったのだ。

 そうと決まれば、モスクワで盗られた練習機材の代わりをいに行かなくてはならない。
ワタシはこちらに着いて第一日目の散策中に見つけた、ロンドンで唯一の楽器屋街、デンマーク・ストリートへと狙いを定め、向かった。

DSC_0205e20111016015332.jpg
楽器屋街と言っても、御茶の水を想像するような大規模な通りではなく、ほんの100mほどの通りにいくつかの楽器屋が並んでいる。
そして夕方5時には全部閉まってしまうようなシロモノなのだ。

 ドラムの類の売っている店は、ギターショップの地下1階にあった。
ショーウインドウにYAMAHAのセットが飾られていた。
そんなに広いとは言いがたく、一通りの機材だけが正しく売っていると言う感じである。

スティック売り場がなかなか見つからない。

 ワタシが普段利用している大手系楽器店だとスティック売り場は通常オープンな作りになっていて、棚にズラッと並んだスティックの中から自由に選んで手に取って、近くにあるハカリに乗せて重さを量ったり、何種類もの練習パッドを使って試し打ちができるようになっている。

ところが、ここのスティックはレジの後ろの棚にこじんまりと潜んでいたのだ。
盗られない為?

(見せて下さい、ってなんて言うんだっけ?)
「Would you show it?」 アレアレ、とにかく指差しとけ!

 店「もちろん、okだよ」
   つ、通じたー!

レジブースの中なので、なんだか試し打ちが出来るような雰囲気ではなかった。
 以前から試してみたかったVIC FIRTHのSTEVE JORDANモデルを一組購入。
ちなみに、お値段は日本とほぼ(と言うか全く)一緒!

 店「袋は要る?」

 「Yes, please.」
買えた買えた!
やっぱり楽器と言う存在に触れた時に初めて何かを成し遂げられた気がする。特別な存在なのだなぁと言う事を実感した。

DSC_042620111016015757.jpg

 シンガーをしている彼女の名前はリカと言った。
2つほど年下だが、渡英してきて5年半になる。ロンドンに来てから音楽を始めたので、日本での活動のしかたを逆に知らないそうで、ロンドンの音楽学校にのピアノコースにも通ったそうだ。
中々のオリエンタルな顔をしており、最初待ち合わせた時、ワタシはうっかり日本人とは気付けなかった程だった。

 向かう先のロニー・スコッツと言うジャズクラブは世界の大物たちが出演してきた、有名なジャズクラブらしい。週末のロニー・スコッツに予約無しで来ても、テーブルを見つけることは不可能に近いと言われる。

 フリーセッションは毎週その二階で行われていて、何時に始まるかが分からない。
出演を終えた大物アーティストが混ざって行くミラクルも展開されるそうだ。
 入場料は一人5ポンド(約600円)。ちなみに、ミュージシャンである事を証明できればそれもタダになる。
ワタシはスティックを持っていたし、リカは手書きのボーカル譜を持っていたので、タダで入場する事が出来た。

DSC_042420111016015636.jpg


二階へ上がると既に演奏は始まっており、席は満席だった。
Nica's Dreamが演奏されている。
正統派で且つファニーな演奏だった。

レ、レベル高い!!冷や汗が出た。
老舗だけあってか、観光客の一見さんが混ざれる雰囲気じゃない。
お客さんはやはり体が大きく、酔っぱらっている人もいるので、かなり盛り上がっている。

しかもその夜は限られたパートしか募集していないようで、
「ちょっと混ざって演奏できるんじゃないか?★」と言う我らの淡い野望はアッサリと静かに打ち砕かれたのだった。トホホ。

それでもたっぷりと24時過ぎまで見て行った。

「今からどうやって帰るのかしら?」
ワタシがそう聞くと、
「バスは24時間営業なんだよ!」
と、まだ余裕顔で巻きタバコを作る面々。

なんて素晴らしいのだ。

DSC_0303e20111016020643.jpg

* Nikon D40x + NIKKOR 50mm f/1.8D CPL & IS03
スポンサーサイト



テーマ : 女ひとり旅★    ジャンル : 旅行

Comments

ライブハウス!キターーーーーーーー!!!!!
はるばる、お待たせでしたー!!!ここまでの道のり長くてごめんなさいだよ(笑)
いえいえー!w

Leave a Comment