FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
18

Category: 音楽

Tags: 女一人旅  ドラマー  ロンドン  海外  紀行文  ヨーロッパ  バックパッカー  

Comment: 0  Trackback: 0

女一匹 思い立ったが旅.20 ~JamJamイギリス編~
前夜ロニー・スコッツで演奏出来なかった悔しさをバネに、
リカとワタシは、次の日の夜を待ってJamセッションをする事になった。

「ドラムのイスが無いかもしれません」

そう言っていたリカは
ドラムイスとキーボードの両方を抱えて 待ち合わせ場所にやってきてくれた。

 一見ふつうの住宅のようなドアを開けると地下に続く階段があって、まるで建築途中の家のような雰囲気で、床には木屑やガラスなどが散乱していた。
そこが、レコーディングブースの併設したスタジオだった。
DSC_0432.jpg
プライベートのシェアスタジオなので一回の使用料は5ポンド(約600円)。

そしてドラムセットには本当にイスが無かった。

全体的にどれも細かい調整ができるようなモノでは無かったので、高さが足りないと思ったときは、楽器ケースのフタや、カーテンを重ねて高さをかせぐ。これに座るとグラグラして、転げそうになったのは秘密だ。

 シンバルをMyシンバルに換える習慣があるのもこの時初めて知って、文化の違いに少し驚いた。
この場所ではたぶん、最初にスネアでもペダルでもなく、まずシンバルを持つのかも知れない。

DSC_0433.jpg

セッティングを終え、電気を消して。Jamスタート。

リカはピアノボーカル。こちらはドラム。
ワタシもクラシックピアノは弾けるので、彼女の希望で途中でパートの入れ替えもした。

彼女はアイリッシュ系の独特のリズム感と声とで、まるで矢野顕子さんのような雰囲気だと思った。
 初めて出会うリズム感だったけれど、お互いがお互いを引っ張りだし合う感じで、そのセッションはごく自然にピタリと寄り添う感じとなった。

途中で、みーちゃんがビデオカメラを持ってやってきた。
おかげで、その時の音を残せた事が、その後にも繋がる事になった。

2時間、3時間はすぐ過ぎていってしまった。

「すごく楽しかったね!」「あっという間に時間が経った!」
握手をして、少し興奮しながらスタジオを出る。

DSC_0435e.jpg


 そのまま、近くの商店街のピザハウスの前で、「United Vibrations」という、ドラム、ベース、ホーン2人、全員歌う ジャズ・ファンク・クインテットがストリートライブをすると言うので、見に行った。
http://www.inpartmaint.com/shop/united-vibrations-ra-2/

 夜になって店はもう閉まっている商店街の中を、ライブの場所を探して歩くと、少し先からチックコリアのReturn to Foreverの演奏が聴こえてくる!
ワタシはその曲が大好きだったのだから。ドキドキした。
「あそこだ!」と3人で駆け出す。

 本当に商店街の中にセットを組んで、そのバンドは演奏をしていた。
ものすっご、カッコいい。
人は、踊ったり、ピザを食べたり、座ってビールを飲んだり、まるで自由だ。こじんまりした宇宙の中で、まるで小さなフェスのような雰囲気だった。
DSC_0310e20111018020456.jpg
ストリートライブなので無料。
DSC_0309.jpg

私たちも大きなピザを頼む。
「ごめん、2ポンド(約240円)貸して…」と頼まれたから笑ってしまった。
「5ポンド貸してあげるよ」「ううん2ポンドでいいの、返せないから」

などと言いながら
「すごく素敵な1日でした!」
彼女らの なけなしの200円で乾杯をしたそのグラスは、
3人ともお酒を飲まないので、オレンジジュースであった。

* IS03 & * RICHO R10

昼間は、やっぱり観光していたのだ。

☆Vauxhall Bridge(ヴォクソールブリッジ)
RIMG000320111018020306.jpg

☆Tate Britain(テートブリテン 国立美術館)周辺
RIMG000820111018020349.jpg

☆British Museum(大英博物館)
DSC_029220111018020051.jpg
博物館前の庭で
DSC_0289e20111018015106.jpg
スポンサーサイト



テーマ : イギリス旅行    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment