FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
24

Category: バックパッカー 2011.(スペイン、イギリス、フランス、韓国)

Tags: 女一人旅  ドラマー  イギリス  バース  ストーンヘンジ  世界遺産  海外  紀行文  ヨーロッパ  バックパッカー  

Comment: 2  Trackback: 0

女一匹 思い立ったが旅.21 ~郊外イギリス編~
イギリスの郊外まで足を伸ばしてみることにした。
こちらで手に入れた"地球の歩き方"を見ながら、実は行ってみたい地方をいくつかピックアップしていたのだ。

歴史的な建物と緑の広がるケンブリッジ!!
なだらかな丘陵地帯と美しい村々のあるコッツウォルズ!
最大のシーサイドリゾート、ブライトン!!
白い断崖絶壁の見れるドーバー!!
お隣の国、ウェールズ!!!

などなどを紙に書きとめては、ドコに行けるかなぁとワクワク考えていた。行き当たりばったりにも関わらず、少々計画的なのである。
そんな中でおすすめだと教えてもらった、英国の不思議と言われる遺跡「ストーンヘンジ」へ行ってみる事にした。
 セントラルの観光センターに行くとパンフレットがたくさん置いてある。
電車だとちょっと不便な場所にあるらしく、英語/日本語に対応のバスツアーを見つけたので、早速申し込みをしてみる。ツアー観光なんて今まで学校の行事でくらいしかした事が無いはずだった。


☆Victoria station(ヴィクトリア駅) 素敵な駅舎。ここの日本語デスクに3日間連続で通っていた。
RIMG001020111024004907.jpg

☆Windsor Castle(ウィンザー城) エリザベス女王の公邸の一つであるウィンザー城。入場するのにパスポートが必要。現在も使われている居城として最も古く、世界最大級。これも場内のごく一部!
RIMG004920111024010030.jpg

☆Guard Mount(衛兵交代) クッキー缶の柄とかで見たことあるやつだ、これ。
RIMG005320111024010113.jpg

☆ウェールズ近く。馬車が行ったり、動物がたくさんいて別世界のようだ。
RIMG005720111024011542.jpg

☆Bath(バース) ローマ人が築いたイギリスの温泉地。"バス"の名前の由来。
RIMG006020111024010916.jpg

☆温泉跡 ローマン・バース
RIMG005920111024010155.jpg

☆バースは街全体が世界遺産に登録されているそう。
RIMG006720111024011105.jpg



 ここまで運んでくれたバスは、アメリカ人と日本人の乗り合わせだった。
バスガイドさんは英語と日本語のバイリンガルで、「声の大きめな体格のいいオバチャン」だ。

バイリンガルのバスガイドと言うのは、ちょっとシュールに哀愁的で、「やや人気の無くなった遊園地の、平日」みたいにハイテンションと冷や汗が混在するような感覚で、背筋がくすぐったくなる
それでもオバチャンが旗を持って、スゴい勢いで英語と日本語を操りながら説明する姿、好感を持たずには居られなかった。

 "一人で参加している日本人"は少なくとも私だけのようだったので、アメリカ人のおねーさんと相席した。
そのおねーさん、ガイドさんの説明を聞きながらずうっと真剣にメモを取っている。
 バイリンガルと言えど、日本語はかなり聞き取りずらくて、ワタシは寝てしまったよ。
「ローマ人、お風呂(ちょっと巻き舌)」みたいな単語だけが、やけに耳についた。。。


そしてこの日行きたかった場所。パワーを感じた。

☆Stonehenge(ストーンヘンジ) 美しい草原に唐突に突き出したサークル状の巨石群。
RIMG006920111024011632.jpg

空からの天使の梯子が見事!いやはやこのタイミング。
RIMG007320111024015821.jpg

雲の切れ目に十字架がかかったり。(踊っちゃった"t"に見えるって噂もあり)
RIMG007520111024015845.jpg

周りはこんな場所。
RIMG007620111024015918.jpg


あぁ、お金さえあれば今すぐまたイギリスに行って、他の候補地も回ってみたい衝動じゃ。
しかしそれはいつかの、一生かけてのうちのお楽しみに、取っておくことにしよう。


 そして居候家に戻ると、みーちゃんに「シンガーのリカさんから伝言をもらっているよ」と伝えられた。
それは、「○日と○日にライブが出来ますけど、やりませんか?」と言う内容だった。

唐突過ぎる喜ばしきお誘いに「§⁂※♨!!???」
日付を見ると、最初の○日と言うのは 明日になっているではないか。
ええーーーーーーーーっ!!!!


* RICHO R10 (ロンドン散策中に一眼レフを無くしていた時期なのだ。)
今回は、写真ばかりになってしまった。
スポンサーサイト



テーマ : イギリス旅行    ジャンル : 旅行

Comments

ストーンヘンジやべー!!!!!写真がいい!すっげ神秘的。
待ちに待った!ついにライブ!!!!
ストーンヘンジに着いたとき ちょうど"夕暮れ"みたいになってて、まるで光の演出ですか!?みたいな感じだった!
世界遺産が、こんなシチュエーションで見れていいのーー?(運使い過ぎじゃない?)って感動したんだけど、周りの人達はどうっだったのかしら!こんなとき一緒に行った人が居ればさ、感想を交換できたのになーって思うよねww

Leave a Comment