FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
28

Category: バックパッカー 2011.(スペイン、イギリス、フランス、韓国)

Tags: 女一人旅  ドラマー  ロンドン  海外  紀行文  ヨーロッパ  バックパッカー  

Comment: 1  Trackback: 0

女一匹 思い立ったが旅.22 ~叩くイギリス編~
本番の前は、いつでも逃げ出したくなる。

楽しみの興奮と不安が入り混じって 朝起きた時から心臓はドキドキ。
リハーサルが終わり、本番までの時間になると、何をしてても足が浮いているようだ。
倒れないためだけに栄養をかっ込む様にし、もう帰っちゃおうかなぁ(弱気)と思いながら、街をウロウロしてたりする。

昔は本番ギリギリまで外を歩いていて、とことんまで一人で気持ちを落としてから臨んでいたんだけれど(そのほうが感情の爆発力が出た)、最近は部屋でアップの体操からするようになった。
 そのようにして、年齢や状況によっても変化している事なのだけれど、

1曲目を演奏し始めると、途端に息が上手くできなくなって非常に苦しい。
あぁ練習では12時間くらい続けていても大丈夫なのに、おかしいなぁ。。。

と言う具合だ。

スポーツ選手がよく「練習は嘘をつかない」とか「やるだけのことをやってからじゃなければ舞台に上がる資格が無いと思う」と言っているのを聞くが、そっれて本当に的を得ているのだろうなぁと思う。

舞台の大きさは違えど、生活から捧げて、人に見てもらうプロって そう言う事なのだと思う。


だから、ライブに出る日と言えば、そうなるはずだった。
 しかしこの場所で私は 、そんな「気負い」みたいなのを、一切感じる事が無かった。
淡々とフラットに、体もアタマも軽い。
それは、ちょっと嘘みたな感じだ!


☆Covent Garden
突発的ライブの前に、みーちゃんとコヴェント・ガーデンにゴハンを食べに行って散歩をした。
DSC_029720111028190232.jpg
ロンドンは移民が多く、特に本格アジア系の料理が食べる事が出来ると聞いていたので、インディアンを探す!


☆Trafalgar Square(トラファルガー広場)
DSC_0302e20111028190312.jpg
ここからの街の景色の見え方は、全部計算されているんだそうだ。
台座のレリーフの上に人がたくさんのぼって休憩をしてる。高さはかなり高い。私たちも靴を脱いでよじ上ってみる。なんだか彼女との1番の思い出になった。どこでも座って 休憩をしている姿は、この街の特徴なんだと思う。

☆National Gallery(ナショナルギャラリー)
DSC_0304e20111028190333.jpg
トラファルガー広場にある美術館。モネやゴッホなど、私でも知っているような名画、名画!それをゆっくりと座ってみる事が出来て、本当に素晴らしい。また何度でもゆっくり行きたい。

☆本日のライブ
DSC_0441.jpg
ジャムの素材を元にしてのインプロ・ギグ。リカが構成案を作ってきてくれて大感謝。パートチェンジもした。
不思議な体験だった。演奏が はもちろん、出会えるはずも無かった人とそこで出会え事が。


☆Live後にバスに乗って居候家の近所のお友達の家にお邪魔した。
ご夫婦と3人の子供。部屋にはたくさんのパーカッションがあった。そこでまた、夜中のセッション!
DSC_0469e20111028190437.jpg
DSC_0472e20111028190503.jpg
DSC_0482e20111028190527.jpg

帰り道、道にショッピングカートが落ちていて、それを拾って帰っていた。
子供みたいにはしゃぐ大人ばっかりだった。
大事な人や場所に触れて。自分の足で歩いて来て先に見つけた、ひとつの形が見れた気がした。

* Nikon D40x + NIKKOR 50mm f/1.8D CPL
スポンサーサイト



テーマ : イギリス旅行    ジャンル : 旅行

Comments

ライブしたー!!!!!!!おめでとう!!!

Leave a Comment