FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
03

Category: バックパッカー 2011.(スペイン、イギリス、フランス、韓国)

Tags: 女一人旅  ロンドン  ドラマー  海外  紀行文  ヨーロッパ  バックパッカー  

Comment: 0  Trackback: 0

女一匹 思い立ったが旅.25 ~ラストモーニン イギリス編~
ロンドン最後の朝。中庭に行くと、
「今年 初めての朝顔が咲いたよ。」と、外壁を指して見せてくれる。

「日本は大丈夫?」「電気は足りているの?(英語)」と、大震災の事を尋ねられた。
あの時のニュースはヨーロッパでもインパクトが強く、けれど実際のところ情報が足りなくて、
【日本のどこの地域が】とかではなく、【日本自体が】まだまだ、大震災の時の映像のイメージなのだそうだ。取り返しの付かない二次災害についても。
私は、答える事が出来なかった。

DSC_035920111104005112.jpg

 今晩はあの楽器屋街「デンマーク・ストリート」で、ロンドン2度目のライブだった。
この日は加えてリカのバンドのベーシスト、ロビンも一緒に演奏に参加してもらえるとの事で、楽しさはまた2倍にも3倍にもなったはずだ。

 バックパックの荷造りをし、元々はスペイン巡礼路を横断する用途で履いてきたトレッキングシューズに履き替える。
(その靴は)とてもドラムには向かないや。と思うと、たった2時間飛行機に乗ってきただけで環境ってガラッと変わったんだなと。しみじみ。
  (最悪級と言われる(?)駆け込みブッキングでも私は 理解した上で嬉しかった。
  「Rica &Saki」飛び込みにも関わらずチラシに載っけてもらっていて、だいぶ恥ずかしかった。)
DSC_051520111104005222.jpg

出発する頃に雨が降ってきた。
「しまった!」
と思ったが、雨は シャワー状の霧みたいな雨。なのでカサをあまり差さないのだそうだ。

 そしてこの日はBrixtonのお祭りで、駅前は大きな音でレゲエがかかり、すごい人だった。
駅まで一緒に歩いてきたルームメイトさん達と少し見て回った後、一旦バイバイをした。
「後でライブ見に行くからね!頑張って」と。Brixtonに別れを告げる。
DSC_0539.jpg

 お昼はGreen Parkで、一人でサンドイッチを作った。スーパーで買ったサンドパンに、パック詰めのサラミとカマンベールチーズ。あとはセルフで袋に詰めるドーナツ。
ぼんやりと、呆然としていた。
 ふらふらとしながらフォートナム・アンド・メイソンでお土産の紅茶屋などを見て、少し街を歩く。膝の調子は、もはや良くないようだ。
DSC_0510e20111104005137.jpg

 
 ヨーロッパのアンダーグラウンドのライブの楽しさとして話しに聞いていたものが、ここにはそのままあったように感じた。
 飲み代以外の「チャージ」が殆どかからないのであった。
ロニー・スコッツでも感じたが、ある意味、とても気軽にライブを見れるんだなぁ、と少し羨ましく思う。
演奏していて、面白ければどんどん人が集まるし、面白くなけれな容赦なく飲みに背中を向けられてしまう。ダイレクトな反応が返ってくる、それは最高にスリリングだ!!

 日本の普段の環境で、お友達のライブすら見るのに2500円くらいかかるのは、とても気軽とは言えず、正直 正当な評価と言う観点が薄れてしまいそうで、色んな意味で苦しいのだ、と常々思う。
内輪の発表会になってしまうのは 嫌悪感すらが漂う。
 演るほうだって最初の頃は…むしろ学生ほどノルマとして何万円もかかったりするので、その為に「働く」か、「回収する」かを大人に迫られる事になる。
 その代わりスタッフは常駐しており、機材はキレイで、メンテはしっかりされている。むしろ代価にそぐわないほど長時間キメ細かく目を配らせて労働しているのは、スタッフ側になって知った事だ。
ナマイキで申し訳なかったと。

ものごとは、プラスとマイナスが背中合わせになっている(´ω`)

DSC_051620111104005302.jpg

演奏は、最後にアンコールまでもらえる 酔狂。
偶然見に来ていた人を始め、見に来てくれた人、助けてくれた人、
色んな人と知り合い、話し、
たくさんのひとに、お礼を言わなきゃならない。

* Nikon D40x + NIKKOR 50mm f/1.8D CPL + IS03
スポンサーサイト



テーマ : 女ひとり旅★    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment