FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
14

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

まだ誰もいない電車で、うつぶせに寝転んでみる
カメラマンのユウと、去年から計画していた山登りに。
出発。
0513-1.jpg

実際、外の空気が汚染されているかどうなのかは、分からない。
0513-2.jpg

『まだ誰もいない電車で、うつぶせに寝転んでみる』
悪い遊びを教えてしまったみたい。
0513-4.jpg

 さいごに、高校の時から馴染みの立川のホライズンと言うお店。
南米系の雑貨やレザー製品を扱ってるお店なのですが、オーダーでアイテムを作ってくれるんです!

 革ひも、麻ひも、ろう引き紐などがたくさんあって、その中から[色][編み方][使う本数][長さ]を選び、ビーズやシルバー、ストーンなどをお好みで組み合わせて、好きな製品を、材料費だけで作ってくれると言う非常に良心的なお店です。
(びっくりするくらい安いです!)

自分は、誰かしらのお友達とお揃いで買うミサンガを毎年足に巻くので、ここにもよくお世話になっています。


 前記トラウマ。昨年、幾らかたがわぬくらい胸が苦しいと思う出来事(期間)が有ったのだけれど、片足のミサンガを全て切り落として、そのときに偶然ユウとお揃いのミサンガを足に編み込んでもらった。その日は雪が降ってたと思う。

自分と言う人間が何にこだわりを見せて、どこに腹を立てて、何に悲しむのか、つまり何に弱く?何が出来ないのか?
結果 申し訳ない事をしてしまうのかを、改めて見直す事が出来たのではないかしら。

放心しながらも 種をまく手はきっと止めない。

その時の場合は宙ぶらりにならずに、友達と向かい合って、泣いて、毎日泣いて。
(いまだにどうしようもなく悲しいは悲しいけれど)、
いつの間にか過去は「抜け出してた」事を知った。


 一度ミサンガを編み込むと、取り外し口は無い。
かれこれ10年くらい前から巻くことをし始めたのだけど、いつもひもミサンガなら1年くらいで自然に切れてしまうので。
編み込む事も、切り落とす事も、滅多にしないケース。
切れてしまったミサンガ達は、楽器ケースに付けたり、お蔵入りにしたり。でも不思議とちゃんと手元に残ってるんですね。

追加で数を足すと言う手もあるけど、-実際もう片足のほうはそうだ-、あの雪の日に巻き付けた、1年ちょっと経ってもまだまだ健在な紐を切ってもらって、今日新しいものに変えたのだ。

特に理由は無いんだけど。
お蔵入りコーーーーース!!

ちなみに今回のはレザーで取り外し口があります。
ユウは、去年のを切らずに、そこに2本の細いろう引き紐を足して居る。
0513-3.jpg

ミサンガの他にも、オーダーサイズのブレスやネックレス、ウォレットチェーン。仕事の身分証明書を首下げする紐に、ルームシューズに、プレゼントまで。
なにやら数えればたくさんお世話になっています。
金属アレルギーがあるので、とても有難いです!

*Nikon D40x
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment