FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
06

Category: バックパッカー 2011.(スペイン、イギリス、フランス、韓国)

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

女一匹 思い立った あとがき VS ナカガキ
これは「あとがき」ではない、ただの「ナカガキ」。
ここで一息、なのです。

2011.7月~8月にかけて、北スペインのカミーノ巡礼に合流したところから始まった、ドタバタ記です。

 今までブログと言えば「何をしたか」よりも「何を思ったか」に焦点をあてて、しかも自分への記録用とばかりに好き放題的抽象的表現をしてきたのです。が!今回は…今回こそは!「面白そうなので足跡みたいなものを記してみたい」と思い、現地で毎日書き付けていたメモを見ながら、そこから先は私の興味で、今 脳内でもう一度旅に出てみている最中です。

そしてそれが本当に鮮やかに思い出せてくるのだから不思議なものです。
 昨日の夜ゴハンは全く覚えていないのに、どう言う手順でドコへ行ったか、何を思ったか、何を食べたか、など、次々と降ってくるのだから。

 「何をした」みたいな足取りを明かしていく作業と言うのは初めてなので、かなり楽しんでいる半面、自分自身で文章の表現力の足りなさに困ってしまいまして、お見苦しい点や誤字脱字に 意味違いに 使い違いに 勘違いに 空気読み違い…、シーンがグダグダ…などなど、多々あるかとは存じますが、皆様の心優しき女神の微笑みで、そっと黙って訂正しながら読んでいただければ幸いです。


 さて「女一匹~ 」と名付けたこのシリーズ、書き始めた当初はお友達から「いつも気になるところで終わる!」などと、ダイレクトな声をかけて頂くことが多く、照れ屋真っ盛りな私としては恥ずかしさのあまり投げ出してしまおうかと何度も思いました(笑)今でも迷い続けています。

 スペイン編は、同時に写真の整理もやっていたので、休みの日を見計らいながら更新の歩みが亀ペースでしたが、ロンドン編では最後となる日のシーンをもう先に決めていたので、早くその部分まで書きたくって、どんどんとそこに向かいった感じです。
 ところがそんな時に限って、ロクなメモ書きが残ってないんですね。
しかもイザ最後が近づいてくると 記すのをビビってしまって、中々進まなかったり。


 最初に空港を降りた時点でバックパックの中のいくつかのモノが無くなってしまった後も、グラム単位で荷物を軽くしなければ進んでなど行けなくなって、道中ほんとうに要らなくなったものから捨てながら歩いていました。

タオル一枚の"量"に悩む。新品のトレッキング用靴下を泣く泣く寄付して行く。ラーメンを買ったのに幅を取ることに後悔する。そっと置いていこうとすると、親切な誰かが届けに来てくれるのです。「あなたのラーメンですよ」って(笑)

 そんな荷物の量も不思議なものでやっぱりある地点で急に落ち着くんですね。多過ぎもせず、少な過ぎもしない、その時の量のコツみたいなのを掴んでくるのでしょう。

さて、少々長くなってしまいましたが、
ここから先はあと二カ国。話数にすると1週間ぶんほどで、旅も終わりを見せて行きます。

行き着く先は天国か地獄か、白のパンダは居るのか(´▽`)

DSC_045920111106195621.jpg

* Nikon D40x + NIKKOR 50mm f/1.8D CPL @Piccadilly Circus
スポンサーサイト



テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 海外情報

Comments

Leave a Comment