FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
13

Category: バックパッカー 2011.(スペイン、イギリス、フランス、韓国)

Tags: 女一人旅  ドラマー  パリ  海外  紀行文  ヨーロッパ  バックパッカー  

Comment: 0  Trackback: 0

女一匹 思い立ったが旅.28 ~アフターパリ編(2)~
「パリ北駅まで迎えに行くので、そこで待ち合わせしよう。
比較的治安が悪いので、降りたところのプラットホームから絶対に動かないで!」

と、またもや「絶対に動かないで」令がやってきた。
しつこい様だがワタシは比内鶏並の小心だ。

 日本のターミナルになっているクラスの駅の場合だと、ホームの至る所に階段がある。繋がっているのは北口、南口、はたまた東南口の改札。その改札を出ると今度はA1出口~C56出口まで盛りだくさん!
それを想像すると、「果たしてプラットホームでどうやって待ち合わせをするのだろう?」と緊張のあまり、意味も無くガクガクした。

着いてみるとその謎が解けた。

パリの到着ホームに、出口の改札などは無かったのだ。
どのホームの1番後ろからも、直接外に出れる様になっている。古き良き作りの駅だった。

時間と場所を決めて、そこで会う。
と言う、全くの正しい待ち合わせのスタイルは、携帯電話の普及した今だからこそ不安で仕方なくって、「もし会えなかったら、相手は私を待っててくれる理由など無いんだよなぁ」などと、本当に心細く思った。
しかしスペイン、ロンドン、パリと、そのどれもがうまく成功していて、「ちょっと前まではこれが当たり前だったんだよね」と、思い出していた。
DSC_0328e20111113204628.jpg


 迎えにきてくれたお姉さんは、ファッションの仕事のためパリに渡った後、こちらの男性と結婚をしてモンマルトルの近くのワンルームに住みながら 最近学校に通い始めたと言うパワフルな人だった。

「どこに行きたい?」とお姉さんに聞かれ、私は「モンマルトルの丘に行ってみたい!」と答え、連れて行ってもらった!
サクレクール寺院からエッフェル塔を見て、ギャラリーで個展を見て、隠れカフェでお茶をして、そこからルーブルの裏でランチ。凱旋門に行き、シャンゼリゼ通りを通って、マレ地区を見て、セーヌ川を歩いた。

 そしてそこで私は、15歳くらいの男の子に、確かに言われたのだ。
「英語なんてディスライクだよ」と。
かのウワサさ通りの巴里っ子の台詞を聞く事が出来たことに関心し、満足した。
(最近はそんな事は無いと聞いていたので、更に変に喜ぶ。)

パリの写真を見る!


 初めて歩いたパリは、美しい、麗しいと言うイメージとは一見ちょっと違っていたように思う。

まずホームレスが多いと思った。
観光地ではスリだけではなく、容赦なく腕をひっ掴まれる。

そして地下鉄は年代物で、ドアは手動だった。電車がプラットホームに着いて まだ少し動いている時には、もう開く事が出来てしまう。
ヒッピー(と呼ばれていた)が、ホームや車内を演奏して回りながらお金を稼いでいた。落書きやごみなんかもすごいと思った。

昔風の素敵な建物にはよく見るとクモの巣などはっていたが、とにかく「古いものをそのまま残してあるのが、ここのいいところ」なのだそうだ。

 お姉さんは歩きながら、色々なことを教えてくれた。
けっこう予備知識無しに来てしまったのだが、おかげで楽しくて、ドキドキした。

ファッションの話しや、パリジャンの旦那サマの話しもたくさんしてくれたので、思わずその
「きらびやかな幸せオーラをを分けて下さい!」とお願いしてしまった。

「たくさんあるから、いいわよ!」と彼女は微笑んでいた。

DSC_0370e20111113203341.jpg

DSC_0359e20111113203401.jpg

* Nikon D40x + NIKKOR 50mm f/1.8D CPL
スポンサーサイト



テーマ : フランス旅行    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment