FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
04

Category: バックパッカー 2011.(スペイン、イギリス、フランス、韓国)

Tags: 女一人旅  海外  紀行文  バックパッカー  アジア  韓国  ソウル  

Comment: 0  Trackback: 0

女一匹 思い立ったが旅.30 ~オマケ韓国食い倒れ編(1)~
パリを出たワタクシは、迷っていた。
8月25日前後のことだ。

 スペインに出発する前、とあるバンドの打ち上げにて 新大久保で韓国料理を初めて食べ、それはそれは美味しくてテンションが上がり、「現地に行ってみたい!と思った興味のみを原動力とし、一路ソウルを目的地として飛び出していたのだけれど。正直不安もあったのだ。
8月21日に、●ジテレビの前で大規模デモ(?)があったと言うニュースを見たばかりだからだ。。。

直前まで結構迷っていたが、エイヤッっと大韓航空に乗った。

しかしそこは快適で、CAは感じの良い美人で、ナンカいい感じなのだ。


 それは、ソウルに着いても同じで、
街角で道を尋ねると、すーごく丁寧に案内してくれたり、
時にはお店の外まで出てきて身ぶりで教えてくれたり、本当に親切だ!

地下鉄は広く、4カ国語で案内されており、快適そうだった。
(韓国語、英語、中国語、日本語)

 bicoのYoonさんの案内で、日本語の出来る韓国の女性8人と弘大へ。
チヂミ&マッコリの店(店のおばさんは日本に18年住んでいたらしく、日本語の発音が完璧だった)
→焼肉屋でサムギョプサルを、ハシゴで食べに行く。
お酒は、ビールと焼酎を混ぜたもが、バンバン出てきていた。ワタクシはオレンジジュースを。

 女性達は仕事後にも関わらず、実によく笑い、よく呑み、みんなで冗談を言い合っては明るくしゃべっていた。
それって、すごく魅力的だった。

「音楽をやっているので、何か演奏を見れたら見に行きたい」
と伝えると、帰りにJazz Clubを案内してくれた。

酔っぱらった顔で「バイバーイ!」って。明日も会うみたな、感じだった。
初対面の一夜で もう二度と会えないかも知れない その8人の女性たちの顔1人1人を、今でも私は思い出す事ができる。

少しだけJazzの演奏を見てから帰る。安い、¥。


 パワフルな笑顔を分けてもらったのが、勇ましく、
友人に予約を頼んだホテルに着くと、どうも電気が見当たらなかった。

  天井に電気が・無・い・!そして窓が開か無い。
  愛し合う男女のためのベッド、いろいろ もろもろ。
  オレ ヒトリ。
  !!?

旅のモチベーションは、ここで決まる部分も大きい。
「後で絶対笑い話になるなぁ」と思い苦笑いしつつも、
少しだけ、純情が傷付いた気がしていたw

予約してくれた友人になんて言おうかな!

DSC_052520111205005326.jpg

* Nikon D40x + NIKKOR 18-55mm @Seoul
スポンサーサイト



テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment