FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
06

Category: バックパッカー 2011.(スペイン、イギリス、フランス、韓国)

Tags: 女一人旅  海外  紀行文  バックパッカー  アジア  韓国  ソウル  

Comment: 0  Trackback: 0

女一匹 思い立ったが旅.31 ~オマケ韓国食い倒れ編(2)~
このホテルのフロントは韓国語しか通じないと言うレビューだったが、カタコト英語で「韓国語がしゃべれない事」を伝えると、英語と日本語(!)を使ってしゃべってくれ、朝から少し嬉しくなった。

お昼に「ソルロンタン」を食べに行く。
生薬と骨付きカルビ、透明な麺の入ったスープに、ゴハンとネギを投入。7000w(500円)。

DSC_053120111206012309.jpg

 ソウル中に張り巡らされたバス網は、旅行者など初心者が乗りこなすには難しいものらしく、昨日の韓国嬢たちにも「難しいから乗らない方がいいよ」って。

 弘大をウロウロして写真を撮ったあと、地下鉄2号線と3号線を使って、南部のファッションタウン、狎鴎亭(アックジョン)へ。
地下鉄は安く、10kmまで900w(65円くらい)。鉄道カードのT-moneyがどこまでも便利だ。
日本の感覚とは真逆で、チャージしても全然無くならない。

 8月の街路樹の中、日本より少し気候は涼しく、蝉の鳴き声はほとんどしなかった。
川を見よう!と思い、漢江を目指して歩くが、1本道なのに、神隠しにあったようにどうにも着けない。

30分くらい歩いた後、これは縁がないんだなぁと元来た道を引き返し、街を一通り歩いた後、公園で休憩。
おばちゃんたちが談笑し、お父さんと娘達が遊具で遊んでいる、平和な平日。


 地図を広げて、こんどは北部の三清洞(サムチョンドン)へ向かう。
韓国の伝統的な住居、韓屋が立ち並ぶ一帯。
ショップやオシャレカフェ、ギャラリー(けっこう無料ばかり)が、山の見える路地に連なっていて、オシャレさとレトロさが不思議な魅力だった。

 そして観光客で賑わう 仁寺洞(インサドン)を通って、おみやげを買い物。
竹下通りみたいだったけれど、もっと工芸品とか骨董品とか古本などのアヤシイアイテムが並んでいた事にテンションが上がる。

DSC_065420111206012428.jpg
屋台で「ジョセヨ~(下さいな)」

夕日がキレイだった。

韓国の写真を見る!
足取りが、写真付きで見られます!


 夜22時半過ぎ、24時間眠らない街、東大門(トムデムン)へごはんを食べに行こうか迷い、ホームまで行って電車を待っていたのだけれど、その最中に 行く事を止めた。
 一人と言うのは、そこの路地を曲がるのも自由だけれど、自己防衛も選択して行かなくちゃならない。
「大丈夫だろう(好奇心)」と「用心しよう(防衛)」の、バランス感は、あるのか?

 アクティブで一人旅好きな友達の多くに「自分はこうです、こう言う人間です」と、ハッキリ提示してくれる人が居る。
自分には なかなか出来ないところなので、
そこに惹かれて突っ込んでみたところ、振り回される事が多々ある。
相手のせいにしてしまいたくなるときもある。

けれど、相手は提示した上で、ただそこに居ただけだ。
そこに突っ込むのも、逃げるのも、自分が選ぶ事。
「あれっ?」って感じるのは、自分の一人芝居の中で、思い通りにならなかったから?

見るべき対象を、間違えちゃいけない。
なにごとも。

モーテルはひたすら暗い。
私、ヤマシイ事は何もしないし、閉所恐怖症なので、窓を下さい。

* Nikon D40x + NIKKOR 18-55mm
スポンサーサイト



テーマ : 韓国旅行    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment