FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
08

Category: バックパッカー 2011.(スペイン、イギリス、フランス、韓国)

Tags: 女一人旅  海外  紀行文  バックパッカー  アジア  韓国  ソウル  

Comment: 0  Trackback: 0

女一匹 思い立ったが旅.32 ~オマケ韓国食い倒れ編(3)~
部屋にPCを置くのは止めて欲しい。
気を抜くと[ㅕㄷ겨ㅗㅈ댜ㅓㅍ려ㅗㄱㅈ뎌ㅑ ]こんなになってしまうけど、つい遊んでしまうから。

 宿泊先であった梨大(イデ)駅周辺は名門大学に囲まれた学生街で、こじんまりしたエリアがプチ渋谷みたいで、明るくて華やかだった。
散歩をしてから、駅へと向かう。
DSC_067520111208021031.jpg

 明洞(ミョンドン)~南大門(ナムデムン)に行くつもりだったのに、ナゼか降りようとしていたところのお隣、市庁(シチョン)駅で降りてしまった。
サラリーマンの御用達エリア、市庁裏あたりをウロウロするのだが、そこが市庁だと気付くまでに時間がかかった。

こう言うエリアは特に日本とは本当によく似ているなぁと言う感じで、看板の文字を見なければ、時々錯覚してしまいそうになる気がする。
DSC_068120111208021354.jpg

 明洞近くの大通りで現在位置をカクニンし「観光客向けなのでおススメはしない」と聞いていた明洞はスルー。
韓国で一番古い歴史を持っている市場、南大門へ向かう。

市場へは、いきなり入った感じだった。
色とりどりのカサと屋台がひしめいている。エリアごとに品物が別れていて、
地元の人もたくさん居た。
DSC_071320111208021443.jpg

 暗めの路地を覗くと、そこには食堂が集まっていた。そしてコンロが並んでいる。
とても狭いので、店の外で調理をし出している様子。
お店たちと並んで、「皿洗い部屋」みたいなところがあって。男女2人が泡の入ったタライ状のものの脇に座り、必死に皿洗いしているのが見えた。
DSC_071120111208021424.jpg

今日も屋台でジョセヨ~。
DSC_071520111208021643.jpg

 ソウル駅から午後の空港列車に乗って、日本へ帰る予定だった。
南大門からソウル駅までは歩ける距離。地図を広げて駅へと歩いて向かうが、いつまで経っても南大門のどこかしらの入り口なのだった。
どこの通りも、入口近辺はこぞって美味しそうなものの屋体。トッポギ、オデン(魚の練り物)、ホットク、キムパプ(のり巻き)、ジョン(韓国式お好み焼き)、クンマンドゥ(餃子)、スンデ(豚の腸詰)、パジョン(チヂミ)などなどが、どこまでも立ち並んでいるまま。

イッツ、方向オンチ。

自分がどこかに行く時、必ず地図は必携で、くどいくらいに調べてからにするのは、
モノスゴく方向オンチだからだ。
方向オンチのタイプとしては、1度建物に入ってから出ると、もう右から来たか、左から来たか、分からなくなるやつである。
「こっちだ!」と進む方は、大体間違っている事が挙げられる。

DSC_069020111208021540.jpg

乗りたい列車の時間は、迫っていた。

 今日もいい天気で、「先週まで雨だったんだよ」と言われた事を思い出す。
この旅での天候運の良さは、もう何度目の事だろうか?
などと しみじみ感じていた。

おわり。


* Nikon D40x + NIKKOR 18-55mm
スポンサーサイト



テーマ : 女ひとり旅★    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment