FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
13

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「キング・オブ・深夜バス」はどれくらいエクストリームか
理由は何でも良いのだ。
「現実逃避」ってほど、向き合うべき辛い現実は無いのだろうし、
「現実に向き合うため」と言うと、逃げ出すためな事がよく分かる。

欲しいものは?と聞かれたら、いつも答えるのが『ちいさな幸せ』。
「え????考え方が普通過ぎて意外!!」と。一風変わった答えを期待する同級生によく笑われる。
ちっとも似合わないじゃない。

いずれにしろ、
持て余すエネルギーの使いどころが、
私の場合は、たまたま"旅"であるだけなのだ。

相方ミッキーにすら「働かざるもの、食うべからずだよ!」と、夢の国からおとがめをいただいているのである。


■伝説の「はかた号」を越える新生「キング・オブ・深夜バス」はどれくらいエクストリーム(極度に厳しい)なのか試してみた

>福岡~東京を14時間かけて結ぶ「はかた号」は、日本でもっとも長い距離を走る「キング・オブ・深夜バス」として、長らく深夜バスフリークたちに畏れられてきた。
走行距離1170キロメートルは路線バスとしては「日本最長」だ。

今日付けでこんな記事が載っているのを読んだ。
実は私はこの「はかた号」に、一人で乗車した事がある(笑)

走行ルート 福岡都市高速-九州道-中国道-山陽道-広島岩国道-山陽道-中国道-名神道-中央道-首都高速
所要時間  14時間20分
東京(新宿)21:00発→福岡(天神バスセンター)11:20着


クラスはプレミアム、ビジネス、エコノミーの3種類に分かれている。
エコノミーで確か8000円くらいだったと思う。
普通の人間なら、飛行機を選ぶでしょう!


 実はこのバス中での移動が、どんな風景だったのか、何を食べたのか。ここで寝たのかも覚えていない。
唯一覚えているのは、パーキングで下関と門司港を結ぶ看板を見て、ボンヤリと感動した事だった。

 お昼に天神バスセンターに着いた頃には、足の血行が悪くなり、フラフラだった。
あまりにフラフラするので、しばし休憩して仮眠。
福岡市内を散策して、ライブハウスを見て、ラーメンを食べて、
夜は天神の近くの埠頭に行き、そこでいくつかのメールをした。

しかしそれはどうにも、バンドでツアーに来たところを、なぞっているだけだった。

 その時、私は急に何もかもがつまらなくなってしまった。
九州から船で四国に渡り、いくつかの県を回る予定だったが、一刻も早くこの場所から抜け出したくなり、朝を待って走る様にこっそりと帰路についた。

どこにも行き着けない、あの感じ。
これが、「キング・オブ・深夜バス」のヤラレかただったのだろうか!

P1070014e20120113180322.jpg
* OLYMPUS μ600 @Kasai 2012
スポンサーサイト



テーマ : 旅日記    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment