FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
21

Category: 生活

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

愛をこめて花束を
不思議なほど気分がおだやか。今ならつっかえていたいくつかの過去も許すことができる気がします。

「痛い目にあう時だってあって、怖がってしまっていたけれど。
今一度素直になって、泳ぎきってみせようかなって。」
2011年の終わり頃に決意し、大き過ぎる再会や、新しい出会いを経て、

どうしたって大事だって気持ちを、思い出した。
なんだか急に思い出した。

私は、花にも空にもお友達にもバンドにも、時々こう言う気持ちになる。

しかし そうやって強く想う気持ちを"間違えた対象"に向けてしまったとき、結果的にひどく痛い子になる事になる。

だから、幸せな事とか、ラッキー!みたいに感じられる事が続くと、
「ドッキリなんじゃないか?」って、気持ちが身構える。

怖がる事を怖がってしまって、見えるものが見え過ぎてしまわない様に目を背けて、逃げてしまう中で、
心の中で許せない事、やるせない事の中でさえ楽しむようになった。「それでも仕方ないっか」って。
いつの間に、こんな人間になってしまったんだろう?と、本当に感じている。

「疑うよう(になる)ことなんて、知らなきゃ良かった」
と思う時がある。

そうすれば、もっと素直な気持ちで色んな幸せに飛び込めたかも知れない、と。
少しまっさらな頃の気持ちを思い出して。

けれど、知れたからこそ、たくさんのありがとうを感じる今があるのだ!とも相変わらず思う。
何かを、つよく欲しい・必要だ、と気付けるのは、無くしてみた時なのだから。

どちらにしろ、知ってしまったらもう、知る前には戻れないのだ。


そんな臆病が 少しずつ 残らず 攫われて行った後には、
誠実と情熱を頼りに、縁があれば、大きな一歩への決断をするかも知れないなぁと思う。
音楽活動でも、プライベートでも。

ちょっとここ数年、色々と気を張り詰めていたので、
優しくリラックスした感じで、今年からを歩いて行こうと思います。

2011年で、抱えて来た荷物の ほぼ全てを降ろし終わった感じで、一気にラクに。

そうやって振り返ったら、大事な人がずいぶんと増えていた。


このFree Liveのエモさが好き。

最近、子供たちの前で弾き語りをしているひとつw
スポンサーサイト



テーマ : 音楽的ひとりごと    ジャンル : 音楽

Comments

こんばんわ
サキちゃんの文章はいつもキラキラ、素敵だな!
ちゃんとストーリーがあってさ、イヤなことだって「次回お楽しみに!」みたいなブログ。
ホントのことなんだけど、フィルムはまわって上映されてるような…。
そんな感覚にさせてくれる。
ありがとうー!
>イヤなことだって「次回お楽しみに!」みたいなブログ。
って言ってもらえたこと、とても嬉しいっ!
自分じゃ気付けていないものなぁ。だから、そんな文章が書けていたら(と言うかそう生きれてるような感じだったら)、いいよねぇ。

Leave a Comment