FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
09

Category: 音楽

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

絶対音感VS下手お箸
私は旅に出たくて仕方なかった。
ほんの3日間だけ、カメラマンの妹分ユウと、京都へ行く事にした。
DSC_0009e20120209193247.jpg

 「貧乏旅がいい!だって紗希ちゃんとだったらそれでもokだから!(←失礼!)」
と言う、ユウからのリクエスト。
しかし私は 平行してJimanicaツアーの真っ最中だった事もあり、ガチガチの貧乏旅では無く、片道だけ新幹線に乗る事を何とかお許し頂いたm(__)m

 バックパッカー出身の 若い夫婦が経営する、町家ゲストハウスに泊まる。
昼間は行き当たりばったりで写真を撮りに歩き、夜はスーパーに買い物に行って、1個の豆腐とカップ麺を二人で分けるような、爆笑自炊生活。
 近所の銭湯まで震えながら歩いて、地元の人とお話ししたり、これまた1冊の漫画を二人で漫画を読みふけったりした。

私は、人と会話する事が好きになっていたし、スムーズになった。

 普段は、女子らしいトークをせず、そこが気が合うのだが、
この時に踏み込んだのは「恋愛話」。まさに涙涙の一夜であった。
話しは夜中まで続き、テンションが上がり過ぎて、まくら投げまでした。

ユウには絶対音感がある事が判明し、私はお箸を普通に使う事が相当に下手だった。
そして、いつかは親を失う事を、とても恐れていた。

DSC_0060e20120209193432.jpg


 同時期に平行していたJimanica band setツアーは、nestから始まり、京都、大阪、名古屋と行き、最後に東京でセルフワンマンと言う流れだった。

 みんなでアホ話をしては、おいしいもの探しに余念がなく、アイスコルネット(浜松)、たこ焼きのハシゴ(大阪)に、お好み焼き(大阪)、唐揚げ(京都)、湯葉丼(京都)、味噌カツ(名古屋)、そしてこちらに帰って来て最後にピザハウス(川崎)、最後のワンマンでは学生街の激安中華(江古田)と、まさに駆け回った。

私は密閉空間が大の苦手なので、空き時間は一人で観光をしまくっていた。

 打ち上げはなぜか男女まっぷたつにわかれ 我々女子は、ミュージシャンがたくさん泊まりに来ると言うマドナシさん夫婦のお家にお邪魔。共に王将一号店でたらふく食べ、二段ベッドで眠った。

名古屋で皆既月食を見た。

そしてファイナル。
ライブは全然苦しくなかった。集中力が完全に高まるゾーンに入った。
自分の皮をかぶった本体を、別のところから冷静に見ている感じ。
Photo Effects

 コーラスのピンチヒッターで入ってくれた、アチコさん。
私はアチコさんに「CDの中の人だ!」と言うミーハーな思いを散々伝えてしまったのに、嫌な顔ひとつせずに居てくれた。

むしろ、自分の活動の事をすごく開けっ広げに教えてくれて、
一緒に銭湯にアタックしたり。すごく面白くて、優しいお姉さんだった。

やるなら責任を持ちたいと言っていた。
そのための、ストイックな姿勢。体調管理。
それが、物凄く溢れていた。
サウンドによって、声の質感や周波数を変えている事を教えてくれた。

本番中、コーラス隊のほうを振り向いたら、
幸せになってしまって。
また、追いたい背中を見たなぁって気がした。

Photo Effects
スポンサーサイト



Comments

Leave a Comment