FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
08

Category: バックパッカー 2012.(上海、日本最西端、日本最北端、日本一に登ろう)

Tags: 女一人旅  バックパッカー  紀行文  ドラマー  自転車  

Comment: 0  Trackback: 0

女はつらいよ~閑歩編1~
バックパックの旅に行く事に決めた。

沖縄へ行って少し滞在したあと、そこから果ての果ての国境の島・与那国島へ。
(日本最南端と最西端の駅)
そのあとは北側の果て。北海道へ飛んで 道内一周。
(日本最北端の駅)

仲間と一緒に、長野に流れて、中山道を行く。
木曽駒ヶ岳に登って、
それから、東京都最高峰の雲取山へ行って、
仕上げは、日本最高峰(笑)の富士登山 までを企画した。
下見で、JR最高地点の野辺山でも行って来るかしら。

突発的衝動的企画にいつも乗っかって来てくれ、また新たな楽しみ方を教えてくれる仲間達にはありがたく思う。
その代わり、最高の景色を一緒に見せるから。
何よりの宝物の時間が出来る!

あとは決めていない。行ったり、来たり。

だからどうした? と思いながらも、
ここで「一番尽くし観光地」へ、どうしても行かねばならない気分なのだ。

—♨—♨—♨—♨—♨—♨
 中学生の夏休みのこと。
私達3人は、突然地図を広げて印を付けて、世田谷から江ノ島海岸までママチャリをこいで行ったことがある。

国道を延々。
片道6~7時間だったか?
一路、江ノ島目指して。

 片瀬海岸に着いて、服のまま海で遊んで、
海水ヒタヒタガールズなのに女子3人だったのでしつこくナンパをされたりして(笑)

泳いだ後は、帰りも国道をこいで帰って来た。
夕方すっかり疲れ果てて、コンビニの前で眠っちゃったりしながら。

"知らない"って凄いパワーだなぁと、思う。


 「ボンっ」という音に振り返った友達は、「っぽーーん!」っと宙を飛ぶ私をを見た。らしい。
先にこいでいった二人を追いかけて、自動車にはねられたのが、そのとき。

『先を行く二人に早く追いつかなきゃ』
ってあまりに、自分の立ち位置を見れずに、
そうしてたら 車にはねられてた。

お腹に傷が出来たくらい。
ビックリし過ぎて、そのまま自転車をこいで帰った。
次の日は、お腹の軽傷よりも、日焼けした手の方が痛かったくらいだ。

人は、そこから10年ちょっと経ったくらいじゃ、なにも変わらない。

皮をひとつ剥いで、その抜け殻を見て「何かが取れた!美しい!」と小躍りをしても、
中から出てくるのは、車にはねられた時の 自分自身なのかも知れない。

DSC_1033e20120608035539.jpg

一緒にチャリ旅に行った友人の追記(詳しくて面白いし!)~

3人ともギアなしチャリ、持ったのは 前日凍らせたペットボトル一人につき 3本&タオル&地図、
地図でみて「246をずっといって、 467に乗り換えてずっと走れば江の島に着く」という経路計画、
着いてみたら三人ともお金を持つという事を考えておらず三人の所持金をあわせて海の家のやきそばしか買えなかった(笑)
海にがっつり全身入って遊んでビショ ビショのまま帰路へ、
467を走って いる間に真夏の暑さとチャリ風で服は 乾いた。

残っている小銭で何か買わないと飢え死ぬ・・とか言いながら467沿いのコ ンビニで駄菓子を買って、コンビニの 前にあったバス停の木陰で食べた・・・ら気づいたら3人して寝てた(笑)
雹が降ってきたのはリアルに痛かった(笑)
先頭を走るのを3人で順番で交代した。

サキが吹っ飛んだあと起き上がって 「なんともない」と言い張ったけど、
中学生の私は、その246へ合流しようとして反対方向しか確認せず飛び出した車の30前半くらいの男性運転手に「免許証出してください」と言った。

助手席にいた彼女or妻がもの凄く ショックを受けてた。 事情もあったから通報せずに免許証の詳細をすべて書き写して、また走りだした。
溝ノ口でもう一人のチャリの後輪がパンクした。 パンクしても乗って帰った。

うちでお風呂に入った頃には、私もサキもほぼ寝てた(笑)

あの時代の、若すぎる自分たちの、あの季節でしかできない、 今考えると恐ろしい程無謀で、
でも、いつ思い返してもすんごく楽しかった大切な冒険♪
スポンサーサイト



テーマ : 旅日記    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment