FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
11

Category: バックパッカー 2012.(上海、日本最西端、日本最北端、日本一に登ろう)

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

女はつらいよ~閑歩編2~
◎1日目は、ナカノとの散歩だった。

私達は、ちょっとビックリするくらい、同じようなものを辿って来ているから。

知らない道を歩き、川の壮大な夕景を見た。
立ち寄った赤提灯の店に入った。


人には必ず出会った意味があって。その期間が終わったとき、離れて行ってしまうものだ。


 23才の誕生日を境に失ったものを、ずっとずっと取り戻す為だけに、あれからは生きて来た。
こだわりが強い自分には、取り戻しが必要だったんだと思う。
情熱があったから、こだわりも尚更で。

"まっすぐに"とだけは、行かなかった。
寂しくて転げ回った景色は、忘れる事が無い。
間違った事もしたし、仕返しもしたし、こだわり過ぎて また失った時もあった。
今もそう。
その歪みは、深みにハマればハマる程、全部自分に返って来るのだ。

しかしながら、そんな周りの手には、結局のところ時間が経った今、支えられてたりする。
「全部返し終わった!」と確信できた。

矢先に。


「心から笑えるまで、まだまだどのぐらい道を歩き続けるのだろう?」
と言う話しをしながら、答えはナカノも私も分かっていた。
答えは自分の胸の中(感じ方ひとつ)にあって。
20代で種を蒔いて、30代で土を耕して、そうして行ったずうっと先なのだろうと言う事を。

周りの人を活かしながら、自分自身が笑っていたい。
還元したい。

その過程で、縁がある人とは、縁があるのだろう。

向こう岸の景色を見せて。
もっともっと知らない場所へ。

これからの人生も、長い。

だから
立ち止まって、泣いていられないの。

そう思えるのはきっと、きっとそこに確かに愛があったのだろうから。


「(今まで生きて来たぶんを)まずはお疲れ様」
って、別れ際に バンドの盟友だった私達は握手を交わす。
お互いに、有り余る情熱を持った、手。

続いてく、繋がって行く。そんな未来を描いているから、
元気で居てほしい。

DSC_1036e20120611222401.jpg
スポンサーサイト



テーマ : 日帰りお出かけ    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment