FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  09 ,2019

旅と音楽『studio iota label』代表。慣れ親しんだ土地と新たな世界への旅との行き来によって、常に新しい 【音楽】を紡ぎます。【流れるイオタ・Jimanica band set・シェリーズ】


プロフィール

maeda saki

Author:maeda saki
作曲家。ドラム&リズムプレイヤー。旅とカメラと本が好き。
映画音楽的(シネマティック)な曲作りを身上とし、目標は音楽を持って世界とコミュニケートする事。
そこにあるものを楽器に。いつでも、どこでも、いつまでも。

studio iota label 代表

「作曲・編曲・サウンドデザイン・効果音制作」
音楽歴は30年。作曲科卒業後、自身が作曲で参加するバンドでデビュー。
東京・ロンドン・ニューヨークで、セッションドラマー、音楽療法など経て、レーベル運営をしております。
ユニクロTシャツWeb音源制作。ロボット業界のAppleと呼ばれるユカイ工学の「家族をつなぐ、コミュニケーションロボット」"BOCCO" の音源制作。ビデオグラファー向けBGM制作でリクルート大賞受賞など。

「商品・人物・旅行写真撮影」
写真歴は9年。世界中を旅して写真作品を撮っています。
商品撮影、アー写の撮影、CDのジャケ写、企業様の撮影など。
旅と音楽をテーマにしたキュレーションサイト運営を行っています。

「記事執筆・ライティング」
音楽批評誌で「旅と写真」のエッセイを連載しております。
SEO対策のコンテンツライティング。
〈STUDIO WORKS〉

【これからのライブ】
◆7/15 O-NEST《Jimanica band set》
◆7/26 INTERNATIONAL CENTER BROOKLYN, NY
◆7/27 Showman's Jazz Club, NY
◆7/28  Red Lion , NY
◆8/6 音楽の友ホール《メロディオンフェスティバル in 東京 | 鈴木楽器製作所》
◆8/7 ゴキゲンヤガレージ《流れるイオタ》
◆8/23 四ッ谷Doppo《流れるイオタ》
◆9/8 青山 月見ル君想フ《流れるイオタ》
メールはこちらへ(お問い合わせ)

作品
前田紗希×tachibana(te') New album【PRIMAVERA Official Music Trailer】ポストロック /ピアノインストバンド 全試聴

前田紗希×VJ you:流れるイオタsolo set/ 旅の似合う音楽

彩雲ままならぬ / シェリーズ

クロニクル / ria

Intersection O / glow,59
スポンサードリンク
試聴
宣伝
音楽批評「ゴールデン」雑誌 (旅エッセイ寄稿、カヴァー写真の撮影)

robot girl(mp3) / 流れるイオタ

流れるイオタ(mp3) / 流れるイオタ

夕暮れサイケビート(CD) / シェリーズ
studio iota label 旅のマガジン FB
流れるイオタ Twitter
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 - - - - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム
検索フォーム
QRコード
QR
09

Category: バックパッカー 2012.(上海、日本最西端、日本最北端、日本一に登ろう)

Tags: バックパッカー  ドラマー  与那国島  

Comment: 0  Trackback: 0

女はつらいよ~閑歩編12〜(与那国島編)
「プロじゃないか!
すぐ近くに小中学校があるから案内するよ。子供たちみんなウェルカムだよ」

とにかく私は、島に着いて1時間も経たないうちに、
そのパンデイロを持ちながら旅をしていると言う老人の後を付いて、
島の小中学校に行って、子供たちと演奏することになった。
DSC00666e20120810003126.jpg

これが(ビックリするほど広い)校庭!日本最西端の岬と海が見える。
DSC_0091e20120810003005.jpg

DSC_0110e20120810003936.jpg

 離島の小学校と言うと、侘しいイメージを持ちがちだったけれど、全然そんな事なくて、
校舎は広く、パソコンは充実し、音楽室はブラスバンド用のドラムセットやピアノがあって。
DSC00677e20120810003346.jpg

 日が沈むのが遅いので、子供たちは夕方5〜6時まで学校で部活をやっているのだそうだ。
この島には中学校までしかなくて、15歳になった子供達は、島を離れて全寮制の高校に行くのだ。
DSC_0093e20120810002854.jpg
子供たちの顔は、一昔前の「良き顔」をしていた!
DSC00680e20120810003510.jpg

いきさつ。
 民宿に着いて一人でウロウロしてたところ、共同の居間で料理を作っている老人に声を掛けられた。
「これからこの料理を持って、島の小学校の子の家にみんなで集まるんだ、それを作ってるの。
来るかい?」
 『いいですね!けれど、お友達が空港に到着するのを待っているんです。』

「そうか、僕は色んな島で繋がりを持つたびにそこで働い回っていてね。明後日また石垣に行くんだ。
WWOOFって知ってる?」
 『ハイ。農業や家事を手伝う代わりに、宿泊場所を提供してもらうやつですよね?』

「それの自主版みたいなものだね!ハハハ。今はこのブラジルの太鼓を教えてくれる人を探してる。」
と取り出したのが、手縫いの布のケースに入ったパンデイロ。(タンバリン型パーカッション)

 『私も旅先で太鼓を叩いていたことが、ほんの少しだけあります。』
「ホント?じゃあ教えてくれよ!これは、東京の八王子のほうにある国立音大の人からもらったものでね。」
と、パンデイロと教則本を手渡される。

 受け取って叩いてみる。『ちなみに私も国立音大です。』
(アタマに戻る)

DSC00673e20120810003415.jpg
DSC00679e20120810003450.jpg
DSC00686-00120120810003528.jpg
DSC00688e20120810003548.jpg

* Nikon D40x
スポンサーサイト



テーマ : 音楽的ひとりごと    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment